ホツマツタヱ

2014年10月24日 (金)

ホツマツタヱ 地の巻二十「皇孫 十種得る文」

 饒速日の人となりを少しでも知ろうと、以下、書き下し文にしました。原文の七五調のリズムが心地良く、生かそうとしたため、全体として、文体の統一感がありませんが、お許しください。

ホツマツタヱ 地の巻二十

すめみまことくさゑるあや 「皇孫 十種得る文」

ホツマ暦の二十六鈴十六枝 四十一穂、キアエ年、3月に春日神は、理にかなった政(まつりごと)は天地を明るくしましたが年老いて、政から退こうする時、オシホミミは、父自ら御子の櫛玉火明命、本名照彦をヤマトに派遣しようと、の告げ文をカグヤマを使いとして奉りました。

文に言うには、「自らが葦原国を治めようと準備する間に照彦を派遣すべきだ。」と妹背の御神(天照神)に伺うと、聞き召して許して、使いに言葉を返しました。

「ここにト祖の天つ神、十種宝を授けます。オキツ鏡とヘツ鏡、ムラクモ剣、ウナル玉、霊還し玉、チタル玉、満ち明かし玉、オロチヒレ、ハハチシムヒレ、コノハヒレ この十種なり」

「悼むことあらば、ひふみよいむなやことまで、数えて、振るえ、ただ、ゆらゆらと振るえ。このように為せば、既にまかった者も蘇るフルの祝詞だぞ。」と詔(みことのり)。

中津国の守(カミ=役人)が拒もうとするのを防ぐお供の役人として、

カグヤマはヤマズミの二子、フトタマはミムスビの三子、コヤネとはカスガ殿の子

クシタマはミムスビの四子、ミチネとはカンミの曾孫、カンタマはヤマスミの三子 

サワラノはアカツチの孫、ヌカドとはカガミツコの子、アケタマはタマツコの子ぞ

ムラクモはミチネが弟、ウスメヒコミケモチの孫、カンタチはコモリの初子、アメミカゲ タタキネの御子、ミヤツヒコ カナサキの三子、ヨテヒコはコモリの四つ子、アメトマミ ヌカタダの御子、アマセオはカンミの玄孫、タマクシはセオのいとこぞ、ユツヒコはサワラノの弟、カンタマはタマクシの弟、ミツキヒコ カンタマの弟、アヒミタマ タカギの四つ子、チハヤヒはヨテの弟 五子

 

ヤサカヒコ コモリの八つ子、イサフタマ ツノコリの子ぞ、イキシニホ オモヒカネの子、イクタマはタカギの五つ子、サノヒコネ ヒコナの子なり、コトユヒコ ハラキネの御子、ウワハルはヤツココロの子、シタハルはウワハルの弟、アヨミタマ タカギの七子 総べ三十二 皆 乗馬で守り行く

御子の照彦は八房の斎出車(いてくるま)に乗り、二十五の侍人(はとお)を守る五供の上司(みやつこ)、アマツマラ カンミの玄孫、アカマロは ツクバソソの子、アカウラはシホモリの二子、マウラとはヤマスミの五子アカホシはカツテの弟、この五人。

 

おおものぬしは (クシヒコ)は五組のモノベ 二十五を率(ひ)き添(そ)って 供人(ともひと) 総て八百六十四人

 ヒタカミ(日高見=今の仙台あたりを首都とする古代の王国)を出てカシマ宮(鹿島神宮)に着き、その道の途上の民に出迎ひ、たかやし(応援)に 欠けると聞し召し、イセにはんへる(仕える)御子の弟のキヨヒトに神御言宣り

「汝とチカラと速船(はやふね)に行きてイワフネで進むべし」

 

よりて御孫(みまこ)とタチカラヲ ワニ船に乗り、上総(かんふさ)のツクモ(九十九里)に着きて、カトリ宮(香取神宮)で、神言(かんこと) 宣れば、ホノアカリ マウラ(天津真浦)を召して占(うら)問えば、マウラ フトマニ "アキニ" (フトマニで明らかになったこと)を取る 『東風(こち)に冷(ひ)も解け積み逃る』、「今 春なれば西の空 民 疲れ 無し好し好し」と御言定まる。ニニキネとタチカラと行くヒタカミの君(オシホホミ)を拝みて由を告げ、後に御孫とタチカラとイサワ(伊雑宮)に帰り返言す。

時に皇御子(テルヒコ)、イワクスの船を設けてマラが叔父、アマツハハラを船長にマラは舵取り、アカウラを船子司に、アカマロとアカホシ、モノ(べ)を添え 水手に、マウラは風見ツクモより、逸(いつ=伊豆)の岬に帆を上げて、沖 走る見は大空を遥かに駈けり穢隈野の宮居(神倉神社、速玉大社の元社?)  拝みて浪速(なみはや)よりカモ(船)にて到るイカルカ(斑鳩)の峰より至りの白庭(しらには=領庭、白い石を敷き詰めた場所)に。

天の岩船大空を駈けり回りて、この里名をも “そらみつ大和国“。宮つ屋 (イカルカ宮)成りて十二の后、スガタが娘御后になして歌詠みカダカキ(三弦琴)の琴を楽しむ。

斑鳩の宮に移って、その次の日、高殿(うてな)より四方を望んだ折に、白庭山にカラスが飛んだので、隈野(くまの=汚れた場所)になったと思って宮遷(うつ)しました。

その時に、コヤネは、「早くしようと」と言うとオホモノヌシも同意しました。するとフトタマ(天太玉命)が「そんなこと考ないで。君も同意などしないでください。」と言い、カグヤマも「汚れた場所になったからといって、翌日、宮を移せば、楽しいことが既に終わってしまう。」

モノヌシは怒りて曰く「フトタマは 君の執着による落ち度である、長老たちよ、昨日万歳して、君祝ひ、今日また変わるものだ。宮遷(うつ)しは万千(よろち)は遠し一年も経ていないことを責めれば 世の恥は汝の心穢れより発生する。君が、同意すれば、私が茜炎(あかねほのほ)に潰みす(座す)とも、磨金(まろかね)を 食べても 心は穢れない」 このように言い返しました。

諸(もろ)議(はか)り によって、遂に宮を移して、アスカ川を周(くるわ)に堀って水禊(みそぎ)を為しました。

注意:私の勘違いがありました。ホツマツタヱではホノアカリ=饒速日となっていました。旧事本記を元にしているためかと思われます。諸説ありますが、個人的にはホノアカリはニニギノミコトと異母兄弟ということですので、もう少し時代を遡るのではないかと思っています。出雲族の上陸地点は、丹後であり、ホノアカリは、海部氏の祖ですから、そこで活躍した人物ではないかと思っています。饒速日は物部氏の祖です。

参考サイト(すばらしい!)

http://gejirin.com/hotuma20.html

kono87

2014年5月14日 (水)

葵祭

 5月15日は、京都では、流鏑馬神事(やぶさめしんじ)で有名な葵祭りが行われるそうですが、天気がよければ、下鴨神社から上賀茂神社への行列があるそうです。

賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)

通称は上賀茂神社(かみがもじんじゃ)

祭神 賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)

賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)

通称は下鴨神社(しもがもじんじゃ)

祭神は、賀茂別雷命の母の玉依姫命(たまよりひめのみこと) 、

玉依姫命の父の賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)

ホツマツタヱには葵祭の起源が書かれています。(下記サイト参照)

http://www.hotsuma.gr.jp/aya/aya26.html

 ヒコホホデミ(山幸彦)の妃トヨタマ姫(玉依姫命はトヨタマ姫の妹であり、代わりのお世継ぎの乳母との説があります。)一糸まとわぬお姿で、腹ばいになっているところをみられてしまい、恥ずかしさで心は千々に乱れて、もう二度と君に合わす顔はないと思い悩んだ末に、我が子ナギサ・タケ・ウガヤフキアワセズ(実名=いみな カモヒト)と離れ宮を出て行ってしまいます。

 君の父ニニキネは、トヨタマ姫を二葉アオイとカツラの葉は「どちらも双葉、夫婦も二人どちらが欠けても良いのですか」と諭します。その後下記のような歌のやり取りがあり、トヨタマ姫はついに宮に戻ることになります。

 このエピソードは言霊的には何を言おうとしているのでしょう?

 葵(あおい)は、五母音のアオイであり、桂(かつら)は髪の毛のことですあり上(かみ)ですから、ウエになります。2人そろって五母音がそろうことを示唆しているように思います。また、飢えは君の愛と記憶から逢いたいと思う気持ちも表しているかもしれません。また、君は男性でイ、姫は女性でヰをも表し、世継ぎは生まれているのですが、二人揃わないとうまく育たないのです。

 これは、子供は子音のことを表していると同時に上(宮中)のことは、下(しも)世の中に影響を与えることも表しているようです。葵祭りの下鴨神社から上鴨神社への行進は、元々は姫が宮へ戻ったことのお祝いなのでしょう。

ヒコホホデミの歌

沖つ鳥  鴨着く島に  

わが寝(いね)し妹(いも)は 忘らじ  

夜のことごとも

おきつとり かもつくしまに

わかいねし いもはわすらし

よのことことも

 おきつとりは鴨船を考案したオキツヒコの鳥という意味のようですが、鴨と船にかかる枕詞に成っています。意味はわかると思いますが、ここで宮崎原の宮跡である青島神社ののことを言っているようです。また、愛の記憶、言霊アと言霊オ記憶について触れています。

ニニキネの御幸に同行してきた親族のミホツ姫の歌

斎(いみ)といい  けがれを断つる  

日の本の 神の心を  知る人ぞ 神

いみといひ けかれおたつる

ひのもとの かみのこころお

しるひとそかみ

斎と忌は、付くことと離れることで 暗いところを直す

霊の本(もと)を治める上(みかど)の心を

知っているこそ上(宮の仕事)ですよ

 姫はこの二つの歌を受け、皆が自分を許してくれたことを悟り、葵を女性である自分にたとえ、君を桂にたとえ、一緒に丁寧に紙に包んで、水引草で結び文箱に納めで奉りました。君は自ら結びを解いて、トヨタマ姫からの返歌をお詠みになりました。

沖つ鳥 上下(かも)を治むる  

君ならで 世の事ごとを  

吉家は防がん

おきつとり かもおをさむる

きみならて よのことことお

ゑやはふせかん

 ここで、カモと上下(かも)をかけており、宮中と世俗を治めている君に習って、世の事ごとをゑやは(智慧の屋で)宮のことと矢羽(智慧の方策)両方を表し、一緒に世の中を守りましょうという意味かと思います。ここで言霊エの内容である言霊ヱが出てきました。

 鴨→カモ→上→宮と世俗、天と地、先天十七音と後天三十二音を暗に指しています。このように「かな」はまるで多重の旋律を奏でる音楽のように緻密に絡み合っているのです。上賀茂神社の祭神の賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)は先天と後天の言霊を使い分けるというお世継ぎの使命のことなのでしょう。

 ちなみに5月15日の5は、母音の数、ア1、オ2、ウ3、エ4、イ5の数霊を足すと15になります。

ひので

2014年3月25日 (火)

カナの周期律表

 以前、元素の周期表とフトマニ図を掲載しましたが、カナの周期律表を作成しましたので、アップします。

Photo

 それで、気がついたのですが、元素番号の数字がとヲシデ文字(左周りの渦巻)のアが1で、ラが41にあたり、前に挙げた言霊数霊表の数字と一致しました。偶然ではないだろうと思っています。

 以下、フトマニ図で気がついたことです。

トホカミヱヒタメの意味

整った穂先が開いた実が恵みの音図の目

アイフヘモヲスシの意味

愛の意思が空中を飛んで、人の耳に入り、気持ちを伝え、記憶され、スーと留まる

他の三十二音について

組み合わさって、体の部位(ハラ)や、事象(ヤマ)などを表しているのが、おわかりでしょう。すべての円を回転させることにより、新たな言葉が生まれてきます。単独でもハは葉であり、歯でもあり、永久歯が親知らずをいれると32本であることは興味深いですね。

おそらく、フトマニ図を使って、日本語の原型である大和言葉を作り出したのではないでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前にアップしているのですが、後天現象三十二子音の説明をあげておきます。結構、重宝しています。

最初の段「タトヨツケユエケメ」です。

タ 八大父韻の働きが現象として押し出る

    言葉での使用例

  田(た)・竹(たけ)・滝(たる)・足(たる)・貯(たくわえる)・

  助(たすける)・叩(おし)・佇(たたずむ)・戦(たたかう)

ト ヨ

  八大父韻の働きが主体として整い、母音の客体としてのその様(さま)

  

  十(と)・戸(と)・解(とく)・時(とき)・富(とみ)・

  年(とし)・説(とく)等に使われ、

  四・世(よ)・欲(よく)・夜(よる)・嫁(よめ)・横(よこ)・

  酔(よう)

ツ 五十音図の横の並び確かめられ主体の意図が現実に何を志している

  か、が明らかとなり、「ツー」と姿を現わして来る

 

  津(つ)・月(つき)・附(つき)・突(つく)・次(つぐ)・

  啄(ついばむ)・杖(つえ)・使(つかう)・仕(つかえる)・

  土(つち)等

テ 「ツー」と現われ出たものが、縦の並びであるアオウエの四母音のどれ 

  かに結び付こうとして、人が手(て)を差延べるが如く近づく

  手(て)・寺(てら)・照(てる)等

ユ 先天十七音の活動が意図するものは何か、が一つのイメージにまとまっ 

  て来たが、霊と体、主体と客体との関係を保っておりそれが言霊とし

  て、押し出される。

  喩、湯(ゆ)・弓(ゆみ)・結(ゆう)・言(ゆう)・夕(ゆう)・

  縁(ゆかり)・歪(ゆがみ)・裄(ゆき)・行(ゆく)・雪(ゆき)・

  揺(ゆする)等

エ ヤ行のエです。イメージ化されたものが、頭脳を通って、次第に明らか

  になり、また言葉と口腔に入って行く。

川から海への境目が江(ゑ)と呼ばれる。現代の国語はア行、ヤ行、ワ行のエ(ヱ)をすべてエ一字に表わしている。

ケ、メ

イメージが言葉に組まれる直前の集約された姿のことです。この明らかにイメージとしてまとまったもので、言霊ケは気であり、主体であり、また霊です。言霊メは芽、目で客体であり、体です。

  木(け)・毛(け)・気(け)・日(け)・蹴(ける)・

  穢(けがれ)・消(けす)等

  女(め)・目(め)・芽(め)・姪(めい)・飯(めし)・

  恵(めぐむ)・廻(めぐる)・召(めす)・雌(めす)・

  捲(めくる)等

続いて、「ヘボセソルスムク」の段は具体的な言葉として組む過程です。

ク、ム 実際の言葉に結び込む。

ス、ル 発音しようとする。(ス=動作の無い状態、ル=動く)

ソ、セ 体的エネルギーの補充(ソ=注ぐ、セ=瀬、急ぐ)

ホ、へ 先へ行って開く(ホ=穂、へ=辺)

フモハヌ言葉として空中を飛び人の鼓膜をたたく過程です。

ラサロレノネカマナコは他人の耳で聞かれ、頭脳内で反唱、了解行動される過程です。

   空中に飛び出した言葉に心が乗る(吹く、伏す、踏む)

   人間の気持ちをよく保持し、伝える(茂、盛る、森)

   言の葉(橋、箸、歯、肌、裸)

   人の鼓膜を叩く(抜く縫う、温もり、貫)  空中を飛ぶ言霊=神名(かな)

   螺旋運動、耳穴の中の狭いところを入って行く 

   一定の方向に向かう浸透状態(差す、指す、刺す)

言霊ラは螺旋状に、言霊サは一定方向に、共に進む動きを示す。

ロ、レ 耳の孔の奥へぐるぐる螺旋状に回りながら、入り込んでいく。

ノ、ネ 復唱される。音が宣られる。(ノ=載る、乗る)(ネ=音、根、願う)

カ、マ 入ってきた言葉はどんな意味をもつか掻き混ぜられ、煮詰められる。

   言葉の内容が了解される。(名、成す)

   物事の実相、最小単位(子、個)

   文字のこと、運ぶという意味がある。

ひので

2014年3月 5日 (水)

「あわのうた」の意味

 イザナミとイザナギは、国が乱れ、国民の言葉がなまってお互い通じなくなったのを心配し、正そうとして上 二十四音をイサナギが歌い、下 二十四音をイサナミが歌って音声の標準化を図りました。 

 以前のひふみ祝詞の意義を理解し、人々の言葉を正すことを念頭に置くと、思いがけなく、このようになりました。

あかはなま

いきひにみうく

ふぬむえけ

へねめおこほの

もとろそよ

をてれせゑつる

すゆんちり

しゐたらさやわ

愛のこころをもってカッと浮き出てきた(言の)葉名の真の

息霊を身に受け汲(く)んで

吹き抜ける智慧エの気の方向を

発声の最初から中程、末端まで

元(もと)よりそろえなさい

追って列(言葉の連なり)の流れを結論(ヱ)までつないで

智の理のあるところを諭しなさい

思惟(思うところ)が明らかに真っ直ぐに相手に伝わるように

琴月

2014年3月 4日 (火)

二重螺旋構造

AwaAdn_animation

                      DNA(デオキシリボ核酸)ウィキペディアより

琴月

2014年3月 3日 (月)

元素の周期表とフトマニ図

Photo

 

 元素の周期表(第五周期まで)とフトマニ図の照合表を作成しました。現在では、118番まで発見されているようですが、Wikipediaによると

 原子番号が192の元素は、4つの元素(43-テクネチウム、61-プロメチウム、85-アスタチン、87-フランシウム)を除いて、自然界には比較的豊富に存在する。

 しかし、原子番号93以降の元素は、基本的に全て人工的に作り出さねばならない。また、全て放射性で、半減期は地球の年齢よりかなり短い。よって、これらの元素が地球誕生の頃に存在していたとしても、はるか以前に消滅してしまっている。

 また、すべての物質は原子から構成され、さらに原子は負電荷を持つ電子と正電荷をもつ原子核からなる。原子核の種類を核種というが、核種によってはその量子力学的バランスの不釣り合いから、放射線(α線、β線、γ線など)を放出して放射性崩壊と呼ばれる崩壊現象を起こして他の核種に変化することがある。そのような放射線を放出して放射性崩壊を起こす性質のことを放射能と呼びます。

 つまり、放射性元素を人工的につくりだしてまで、地球を汚染しているという事実に突き当たります。自然の摂理を乱すゆえに科学の科にはトガの字が当てられているわけです。

 ホツマツタヱは、清音48文字ですが、他の50、75音図あるいは、九の花の図などとの照合もなにかもたらすかもしれません。残念ながら、私の手に負えることではありませんが、この分野の研究が待たれます。

 話はかわりますが、過去の記事に、真面目で前向きなコメントを頂きました。この場で御礼申し上げます。

 ひふみよいむなやこと

 

琴月

 

オマケ

 

Photo_5