日記・コラム・つぶやき

2023年6月12日 (月)

エプソムC 2023他

エプソムC 2023

 

1-1 エアロロノア         牡6 57.0 田辺     冠名+人名より

1-2 マテンロウスカイ セ4 57.0 横山典     摩天楼+空

2-3 インダストリア 牡4 58.0 ルメ       物語に登場する架空の地名

2-4 カワキタレブリー 牡4 57.0 松山      冠名+夢想(仏)

3-5 レインフロムヘヴン 牡5 57.0 レーン   戯曲「ヴェニスの商人」の著名な台詞、慈悲の質より

3-6 ショウナンマグマ 牡4 57.0 吉田豊   冠名+地下に存在する流動物体

4-7 ピースワンパラディ 牡7 57.0 大野     冠名+楽園(仏)

4-8 フィアスプライド 牝5 55.0 菅原明     断固としたプライド 誇り

5-9 ガロアクリーク 牡6 58.0 石橋脩   カナダの金鉱山より

5-10 ヤマニンサンパ 牡5 57.0 杉原     冠名+かっこいい(仏)

6-11 ヤマニンサルバム 牡4 57.0 三浦     冠名+即興演奏(ラテン語)

6-12 外エアファンディタ 牡6 57.0 戸崎圭     冠名+モルディヴの現地語Magicの意

7-13 トーラスジェミニ 牡7 57.0 木幡育    おうし座とふたご座

7-14 レクセランス         牡6 57.0 木幡     卓越(仏)

8-15 ジャスティンカフェ 牡5 57.0 横山和    馬主愛称+カフェ

8-16 ラストドラフト 牡7 57.0 松岡     小説の最終草稿。完成版

8-17 ルージュエヴァイユ 牝4 55.0 石川     冠名+覚醒(仏)

 

重賞コピー:秋の大舞台を目指す馬が府中に集結

 

イベント: 6.11[日] 夏の東京競馬大感謝抽選会Part1

     【A賞】コールドブリューコーヒーメーカー(50名様)

     【B賞】ネックストラップファン(100名様)

     【C賞】バンブータンブラー(200名様)

【A賞】より、ジャスティン「カフェ」を連想。

 

連動が期待できるレース;

02/19(日) 小倉大賞典 6(11)-1(16)

02/26(日) 中山記念  11(4)-13(2)

03/25(土) 毎日杯   3(11)-8(6)

 

これみて、15(3)のジャスティンカフェはいよいよ3着以内の軸に。

あとは、マテンロウスカイ他を適当に選んで、三連複を買ったら当たってしまった。こういうこともたまにあります。

 

後からYoutubeを見たら、井崎脩五郎氏によるとエプソンにはCafe Rougeという飲食店があるそうだ。1着ジャスティンカフ、2着ルージュエヴァイユで、そのまんま!

 

函館スプリントS 2023

 

「函館」スプリントSは、地名が入った馬は、トウシンマカオだけで、

   01/29(日) シルクロードステークス 2(14)-9(7)

   03/04(土) オーシャンステークス      9(8)-1(16)

より、1番を使いそうだったのだが、1番人気の馬なので、複勝では買いにくかった。結果3着だった。短期連動は、開幕週で材料不足でした。

 

2着ジュビリーヘッドの馬名意味は「19世紀に英国で発行された祝祭記念の金貨」で、時事の英国ダービーでディープインパクト産駒の優勝のニュースからかな。1着の15番キミワクイーンは、「アーモンドアイが2023年度顕彰馬に選出」というニュースからでしょう。これはちょっと難しいですね。

 

時間的な都合により、すべての重賞レースについては書けませんが、また気が向いたら書くかもしれません。事前には何かと書き難いことも多く、申し訳ありません。

 

日本ダービー2023 回顧

 

GⅠ ヘッドライン: 英雄を超えろ、屈強な勇者が時代を築く。

 

TVゲスト 福永祐一

5(14)-12(7)-6(13)

1着コントレイル 無敗の三冠馬

2着サリオス

3着ヴェルトライゼンデ

 

「目に」焼きつけよう」より馬名「朝日(ラテン語)」のソールオリエンス、また、ゲストが福永調教師ということで、無敗の三冠馬のコントレイルということで、ここまで無敗のソールオリエンス

 

ポスター

赤い縁、赤字が目立つので、赤3枠

TVCMのポスターも赤いリボン

イペントゲスト 三上愛、長澤まさみ(誕生日3月6日)

確か、TVCMでも誕生日を強調していたと思います。

 

ここまでで、3着以内の軸は5版のソールオリエンス

 

参考レース

 

04/29(土) 青葉賞   11(4)-4(11) 

05/06(土) 京都新聞杯 6(7)-7(6)

これは、ウラゾロ目決着という属性を連動させたと見えるので、正逆6or7が使われる可能性がある。

 

先ほどの長澤まさみの誕生日と併せ、6枠7番のタスティエーラが浮上。馬名は(楽器の)キーボード(伊)。母名より連想ということで、音楽を強調したイベント(ファンファーレ)もあり良いかなと思いました。

 

ここまでで、2頭が浮上しましたが、ワイドでは、割りが合わないなと思い、馬券は買いませんでした。

 

結果的には、3着は11番ハーツコンチェルトで、やはり、音楽関連でした。

 

名馬の肖像はウィニングチケットで、同日の12R目黒記念のゼッケンと同じ10番と7番が写っていました。

 

安田記念2023 回顧

 

TVスポットが、何故かJCのコントレイルで怪しく思っていたところ、馬名意味が

コントレールまたはコントレイル (英語: contrail)は、「飛行機雲」を意味する英単語で、コンデンセーショントレイル(condensation trail、「結露の足跡」の意)を略したもの。

とありました。

 

ソングラインの馬名意味がオーストラリアに伝わる道の名。祖先の足跡ということなので、「足跡」で一致しました。これは重いサインだと思いました。

 

ポスターのフチにある四隅の三角形および4つの四角形は4番のセリフォスと思われましたが、これだけだと薄いので、過去の出馬表の並びを調べていみたら、

 

昨年の安田記念の並びを今回に当てはめてみると

 

 9番 シュネルマイスターから   1着 4つ隣  10  18

                 3着 8つ隣   4   6

 1番  カフェファラオより    1着 6つ隣  10  4  

                   2着 8つ隣   6   8  

                   3着 2つ隣  18  14

ここまでで18番は3着以内は当確としてみると他に怪しいのは10番と4番。さらに  

 

13 ソングライン から      2着 3つ隣  3  15   

                  3着 4つ隣  4  14

 

4番セリフォスと14番シュネルマイスターが浮上します。

 

ここまでで止めておけば良かったものを

 

Hero is comming.がポスターの上部にある場合が気になり、

高松宮記念  馬番 13(6)-15(4)-1(18) 枠 7-7-1

日本ダービー  馬番 12(7)-5(14)-11(8) 枠 6-3-6

安田記念は、3着以内の2頭は同枠に入ると思い込んで、その可能性があるのは、2枠としてしまったのです。結果的には3番ジャックドールではなく、セリフォスの隣の5番の逆番14番シュネルマイスターが3着でした。

 

つくづく18番ソングラインの複勝だけ買っておけばと思いました。

 

しかしながら、この時の負けを考えすぎなかったエプソムCで取り返してホッとしているところです。お後がよろしいようで。 

 

 

 

 

2023年5月22日 (月)

オークス2023

ダウンロード - oaks.png

ポスターは、縁がバラでした。

リバティアイランドの母は、ヤンキーローズ、ドゥアイズの母が、ローズマンブリッジ。

G1ヘッドライン 「磨きあげた美がきらめく、次代に夢を繋ぐ女王。」

ここからは、「次代に夢を繋ぐ」で、全体の意味をとればリバティアイランドですが、ピッタリなのは、馬名意味が「最高の後継者」の7枠13番ドゥーラ

短期の馬番連動は非常に読みにくかったので、こういう時は、人気に逆らわない。来週のダービーがもしかしたら10Rなので、数字が不安定なのかもしれません。

そこで、3歳牝馬 1800m以上のレースを並べてみると
03/18(土) フラワーC 1800m 4(13)-10(7)
04/9(日)  忘れな草賞 2000m 4(7)-10(1)
04/23(日) フローラ 2000m  7(9)-2(14)
正逆7番がずっと使われていますので、12番のハーパー(ルメール騎手)注意です。

プレゼンターは本郷奏多さんで、「奏」の字より音楽関係かなと思いますが、何頭もいますが、ハーパーの意味は「ハープ奏者」ということになりますので、これら2つの理由によりハーパーは軸になり得ると思いました。

最後に、私にとっての決め手は「名馬の肖像」のベガでした。この馬が1993年オークスを勝った時7枠13番でした。ここで、ドゥーラの3着以内を確信し、今回は複勝と三連復を買いました。

2023年5月14日 (日)

京王杯スプリングカップ&ビクトリアマイル 2023

京王杯スプリングカップ

G-1ヘッドライン「完成された美しさに喝采を送る才女の春舞台。」

「春舞台」は「スプリング」カップのことなので、「喝采を送る才女」がビクトリアマイルの出馬表にあるだろうと思ってたら、5枠9番にクリノプレミアム(冠名+賞~褒め称えるの意→喝采)がおり、5枠の10番のウインマーベルが2着に来た。こういうサインは枠に出ることもあるので、注意が必要である。

また、赤が目立つG1のポスターから、「レッドモンレーヴ」が良い名前だと思いました。人気もありましたが。また、この日からイベントのローズフェスタがあり、私の年代だとバラといえば真っ赤を連想していました。隣馬の13番レイモンドバローズにも「ローズ」が入ってました。人気もありましたので、選びやすいと思います。

杯のつくレースの連動

2/26 阪急杯    11(6)-5(12)
3/25 毎日杯 3(11)-8(6)
4/2  大阪杯    9(8)-11(6)
    ⇩   逆9に連動
5.13  京王杯SC   12(7)-10(9)-15(4)

私はこのような長期的な連動と手元に作った短期的な連動を必ず照らし合わせて、予想しています。また、他の細々したサインもあります。

ビクトリアマイル 2023

これは、ポスターのソダシ、目立つ赤(3枠)と白(1枠)、赤+白=ピンク8枠そのまんま1〜3着でした。1着6番のソングラインの隣にスタニング「ローズ」でした。

牝馬レース連動

3/11 中山牝馬S 8(7)-12(3)
4/8 阪神牝馬S 9(4)-1(12)
4/22 福島牝馬S 2(14)-9(7)
⇩ 連動せず
5/14 ビクトリアマイル 6(11)-16(1)-2(15)

2着までに来なかったのですが、正逆版混在していますが、福島牝馬Sの2番と裏7番の隣馬番の1と6が使われています。これは連動が切れる時、よくあることです。それと2番が3着になっているのは注目すべきことです。

こういうこともあるので、短期の連動との照合が必要で、私の2着以内軸は(逆1番)16番のソダシでした。

TVスポット~第9回 ヴィクトリアマイル

1着 7枠14番 ヴィルシーナ
2着 2枠4番  メイショウマンボ
3着 1枠1番  ストレイトガール

このサインは1,2着馬の共通な「シ」のつく馬かなと思いました。ソダシだけでした。

当日レープロの名馬の肖像は、2016年のヴィクトリアマイル優勝時のストレイトガールだったのですが、「少女は気まぐれと」いう詩の出たしが「その」から始まっているのでlすが、馬名が「ソ」から始まる馬は、1着のソングラインと2着のソダシでした。

また、ストレイトガールはソングラインと同じ戸崎圭太騎手でした。

以上。

2023年5月 9日 (火)

京都新聞杯&NHKマイルカップ 2023

京都新聞杯

 

G1ヘッドライン~「自分を信じろ、譲れぬ個性が世代を制する。」

 

1-1 オメガリッチマン(牡3、横山典弘・安田翔伍)

2-2 マイネルラウレア(牡3、和田竜二・宮徹)

3-3 ドットクルー(牡3、岩田望来・笹田和秀)

4-4 トーホウレーゲン(牡3、幸英明・石坂公一)

5-5 マコトヴェリーキー(牡3、松若風馬・上村洋行)

5-6 サトノグランツ(牡3、川田将雅・友道康夫)

6-7 ダノントルネード(牡3、西村淳也・中内田充正)

6-8 アスクドゥポルテ(牡3、岩田康誠・河内洋)

7-9 マキシ(牡3、松山弘平・辻野泰之)

7-10 ファームツエンティ(牡3、池添謙一・北出成人)

8-11 ディープマインド(牡3、団野大成・本田優)

8-12 リビアングラス(牡3、鮫島克駿・矢作芳人)

 

「譲れぬ個性」を一番感じるところは8枠でした。馬名がディープマインド及びリビアングラス(才能を開花し、使命、目的を達成させる力があるとされる石)だったので。

 

 また、4/6の京都イベントを調べたところ、トークイベントがあり、アナウンサーの矢作麗さんの写真がありました。12番のリビアングラスの調教師は矢作芳人師ですので、3着以内はいけると思いました。

 

 結果的には、6(7)-7I6)で、人気順1、2フィニッシュという特殊決着で12(1)が3着となりました。これは多くの連動をふっ飛ばしたでしょう。

 

例えば、下記のような2,200mの特別レースなど。

 

1/15 中京   日経新春杯   2(13)-10(5) 

2/5日小倉 東京新聞杯 2(15)-15(2)

2/12阪神  京都記念    12(2)-1(13)

京都新聞杯には、連動せず。

 

裏ゾロ目は、数字の入れ替えをする時に多発するようです。東京のプリンシパルSの結果も3(5)-5(3)でした。この3番がNHKマイルカップ2着のウンブライルに繋がります。

 

また、NHKマイルカップのポスターは18番のダノンスコーピオンでしたが、12等立ての18番目は、6番のサトノグランツにあたり、1着になりました。また、ポスターが何やら逆風が吹いているようで、ダノン冠名でもNHKマイルカップのダノンタッチダウンではなく、このレースの2着のダノントルネードを指していたようですね。これは後から、気がつきました。

 

NHKマイルカップ

 

このレースは事前に予想しなかったので、サイン結果のみサラリと書いておきます。

 

1着 6枠 11番 シャンパンカラー(内田博幸騎手)

同枠馬 クルゼイロドスル(M.デニーロ騎手)の取消になり、マル外、マル地のような目立つ馬のベタな同枠サインでした。馬名の意味は「最上級のダイヤモンド」でヘッドラインの「譲れぬ個性」が匂わせていたと言えるかもしれません。追い切りが良かったという情報がありましたので、注目馬ではありました。

 

2着 2枠3番 ウンブライル(横山武史騎手)

TVスポットの1,2着の馬名より「イ」と「ブラ」の組合せサインでした。

1着 5枠 9番 ディープスカイ 四位洋文騎手

2着 3枠 5番 ブラックシェル 後藤浩輝騎手

3着 7枠 14番 マル外ダノンゴーゴー      藤岡佑介騎手

 

3着 5枠10番 オオバンブルマイ(武豊騎手)

上記のディープスカイの9番(10)の逆番であり、当日レープロの9番エルコンドルパサーの紹介があったようで、馬名頭の「オオ」と「エル」のシャレがあったかもしれません。

 

また、G1ヘッドライン~kに「世代」」が出てきた時は、横山家が馬券に絡むようです。

 

ヴィクトリアマイル

 

いくつか、発表されているサインの材料をあげときます。

 

ポスター 5番ゼッケンのソダシ

 

イベント

1. 5/14(日)  ひろがるスカイ!プリキュアショー【観覧無料】緑の広場

2. 5.13[土]-21[日] 東京競馬場ローズフェスタの実施

 

TVスポット~第9回 ヴィクトリアマイル

ヴィルシーナ、逃げ切りの復活劇で連覇を達成!

1着 7枠14番 ヴィルシーナ

2着 2枠4番   メイショウマンボ

3着 1枠1番  ストレイトガール 

 

牝馬レース連動

3/11 中山牝馬S 8(7)-12(3)

4/8   阪神牝馬S 9(4)-1(12)

4/22 福島牝馬S 2(14)-9(7)

 

以上。

2023年5月 3日 (水)

青葉賞&天皇賞2023

 

青葉賞2023

G1ヘッドライン
「古都の新たな装いに誇り高き猛者が君臨。
TV CM
女性の衣装の緑と赤が目立つ。

1枠 1番 マイネルエンペラー 和田竜 
→エンペラーより天皇賞の1枠1番連対へ
2枠 2番 ティムール 三浦
→ヘッドライン「古都」「猛者」より、ティムール朝の建国者だが、「鉄の人」という意味があり、3着に。
2枠 3番 ヨリマル 菅原明
3枠 4番 ハーツコンチェルト 松山
→青葉賞というレースタイトルより、(株)グリーンファーム、2着に。
3枠 5番 アームブランシュ 吉田豊
4枠 6番 グランヴィノス レーン
4枠 7番 ニシノレヴナント 大野
5枠 8番 ヒシタイカン Mデムーロ
5枠 9番 シャドウソニック 坂井
6枠 10番 サヴォーナ 池添
6枠 11番 スキルヴィング ルメール
→ヘッドライン「猛者」より「スキル」。1着に。また、6枠は緑色。
7枠 12番 アサカラキング 石川
7枠 13番 メイテソーロ 川田
8枠 14番 マサハヤウォルズ 永野
8枠 15番 ロゼル 津村

天皇賞2023

馬名の並び、ポスターなど、通常のサインにより3番タイトルホルダーがよく見えましたが、良すぎて不吉さを感じました。馬が無事で良かったと思います。
TV CMの1番の強調及び最後のシーンの青空に虹(4枠7番)が目立っていました。

長距離レースの出目

2022年12/3 第56回ステイヤーズS(G2) 7(8)-12(3)-9(6)
2023年2/19 ダイヤモンドS       4(13)-5(12)-2(15)
1023年3/19 第71回阪神大賞典(G2)   3(12)-1(14)-7(8)

ここまでだと、天皇賞に連動しそうですが、3or1or7、どの馬番も有力馬でしたので、何番を使うのかわかりません。そこで、京都の11Rの結果を並べてみると、

4/22(土) 10(7)-14(3)
4/23(日) 10(6)-7(9)
4/29(土) 12(7)-7(12)
         ↓ 7番が連動
天皇賞結果 1(17)-7(11)-16(2)

12(7)-7(12) は、裏ゾロ目などと呼ばれている特殊決着ですが、土日連動がここで終わるか、正逆7番か12万の強力な連動となるかは、ギャンブルですが、他のサインと重なる正逆7番を蓮軸とすることができそうです。基本的にはここから、阪神大賞典の正逆1番か3番に流せば良いのです。

上記のTV CMサイン、また、「Hero is coming.」より、皐月賞の勝利Jである横山武騎手が3枠でしたので、その隣枠の4枠7番だろうと推測することができます。

3着のシルバーソニックについては、天皇賞のポスターの馬番16番、プレゼンター予告の写真が銀色の衣装の長澤まさみさんでしたね。

正直に言いまして、私が馬券を買うとしても、馬連中心であり、馬番連動も基本は1、2着の連動になりますので、3着については飛び道具が多いなぁと いう印象です。

 

 

2023年4月19日 (水)

皐月賞2023

ダウンロード - waku.png

 

 遅くなりましたが、皐月賞での気がついたことを参考までに書いておきますね。昔、馬券を買っていた時期もあり、パズルのような謎解きは楽しいのです。

 

 まず、皐月賞でよく馬券に絡むラッキーナンバー及び騎手は7番及びルメール騎手ですが、そこにファントムシーフが入ってました。また、「ウイン」、「トップ」のつく馬に挟まれていました。一番人気なのですが、ちょっと良すぎる感じはあるのと、シンプルな文字の挟みがないのが気になりました。 

 また、JRAのホームページに発表されるヘッドラインは次のようなものでした:


「世代を導け、春一冠が主役の座を約束する。」


ここでは「一」がありますし、「ワンダイレクト」という馬が隣に入っています。「主役の座」より、ソールオリエンスが1着候補ではないかと思いました。そして、昔からよく使われていたヒントですが、当日のTV番組のゲストが横山ルリカさんであり、ソールオリエンスは 横山武史騎手です。

また、「約束」はアンタレスSでプロミストウォリアが12番で勝ちました。皐月賞で、逆12番は7番に当たりますが、結果的に7番ファントムシーフが3着になりました。昔と違って、3着馬にもサインが出ますので、ややこしくなりました。

ダウンロード - satuki.jpg

 

 2着のタスティエーラにも沢山のサインが出ていました。皐月賞のポスターはジオグリフでしたが、優勝した時馬番は14番でした。今年のG1コピー「HERO IS COMING.」より、大阪杯と桜花賞の勝利Jの武騎手と川田騎手に挟まれた枠というのも良いと思います。

馬名の配置としては、「ラ」のつく馬の3頭並び、さらにその外に「タッチ」のつく馬が配置されており、5頭の並びの真ん中はサインとしてはとても強力です。

中山11Rの連動のは、ちょっと難しく見えますが、土曜日、日曜日ごとの連動だったものが、4/9日 中山11R京葉Sの10番が、中山グランドJに連動し、土日を通した連動に変わったので、皐月賞では中山グランドJの逆1番が連動してきたと考えられます。(同じ開催地でも、11Rごとの連動がない時もありますので、ご注意ください。)


J4/2日 中山11R美浦S 5(8)-11(3)
4/8土 中山11RニュージーランドT 5(12)-15(2)
4/9日 中山11R京葉S 8(6)-10(4)
4/15土 中山4/15中山グランドJ 2(9)-10(1)
4/16日 中山11R皐月賞 1(18)-14(5)

 引き続き当該G1回りのイベント、ポスターなどの情報チェックが重要かと思います。

 

 

 



2023年4月13日 (木)

桜花賞2023

 言霊や数霊を扱っていると、馬券は買わないのだが、意外と競馬のサインに気がついてしまうことがある。

2 ライ(rai)トクオンタム

3 リバティアイランド

4 ドゥアイズ

・・・
 この並びを見た時、人気だけど、3番頭でしょうがないと思った。2番は発声になるが、「アイ」がつく馬の3頭並びである。これはオカルト予想と呼ばれるけど、JRAのサービスだと思う。こういう時は基本真ん中の馬である。ただし、オトリの時もあるけれど。

9 コナコースト

 2着馬は「ココ」って言われちゃぁね。というのは、冗談のようだけど、阪神の土日を通した数字の連動があってこの前週の大阪杯と当週の阪神牝馬Sでも、9番が使われていたので、「ココ」でも使うだろうと思っていた。

 次の通りである。

4/2(日)大阪杯   9(8)-11(6)-13(4)
4/8(土)阪神牝馬S 9(4)-1(12)-2(11)
4-9(日)桜花賞  3(16)-9(10)-14(5)

*( )内の数字は裏番もしくは逆番と呼ばれ、大外から数えた数字で、頭数によって変わってくる。なお、数字の連動は、土曜日ごと日曜日ごと、開催地ごと、重賞タイトルごと、etc, 沢山ある。

2022年4月13日 (水)

今後

Babymetalについて書いたところで、どんなに愛してるかの文章になってしまうので、バカみたいなので、封印することにする。できれば、文章をまとめていきたいと思うが、時間があまりなく、お待ちください。

2021年6月24日 (木)

Re:コロナ ワクチン

まぁ、自分で決めろという意味だけだ。You Tuber達が色々言っているが、TVよりは、マシだが、全て正しいわけではない。人に頼るなと言う意味だが、あらゆる情報は、みておいた方が良い。

「Moa-chanの暖かい声はSu-Metalの歌声とコントラストとなりうる。」と言うのは、次の曲「Shine]でわかる。ついでに「BxMxC」だが、日本人のRAPを見るとこの人たち、知能が足りないじゃないかなぁ。と思ってしまうのだが、この曲は、あくまで、Musicだ。美しい。

2021年6月21日 (月)

コロナウィルスのワクチン

打たない方が良いのは、子供、妊婦、体に不安がある65歳以上の方である。そもそも健康な体の内部に、抗体を人工的に作るとは、非常に不自然なことである。

より以前の記事一覧