« 2018年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月31日 (月)

いいぞ、日本!

 本日はバカっぱなしである。 

 今まで、東京ドームの最高のコンサートは、2017年のPaul McCartneyだと思っていたのだが、その前のBabymetalの2014年のものが遥かに良いとあとでわかった。

 普通、Youtubeなどで、OFFICIALの「Give Me Chocolate」が人気とされていたが、これは、私には問題作だった。ある程度の年齢に達しているなら分かるだろうが、これは、GHQによる第2次大戦後の日本の統治を象徴するような言葉であった。

 それを、彼女達は、おそらくブラジルのイエス象のレプリカの前で、楽しげに歌うのである。ちょっと、ダイエットを気にしてるような歌詞でだ。けれども、これは明らかに戦後の終焉を高らかに宣言しているように思えた。

 その後、 Ijime,Dame,Zettai - Live at Sonisphere 2014,UK (OFFICIAL)を見て、素直に感動した。雨天の最悪のコンディションだったのだが、このコンサート自体、奇跡のようだった。16才の女の子3人とバックの神バンドの4人が何万人かの観客を魅了したのだ。

 「Syncopation」の2ndコーラスなど、Paulの「Jet」より以上のロック感を感じる。テンポは普通なのだが、スピード感は倍速である。ボーカルと各楽器のピッチ(音程)がバッチリだ。そして、アイドルとか歌謡曲などのファンも魅了するであろうメロディー。この頃の曲は全部良い。彼女たちのコンサートはいつも最高だ。

 その後、Bandmaidの「Choose Me]と「Onset」を聞いて驚いた。明らかに日本がロックの最先端だ。そして、「人間椅子 / 無情のスキャット」を知った。これは彼らの集大成であって、海外の古いロックを睥睨しているかのようだ。素晴らしいサウンド。

 そして、将棋の藤井聡太八段。いいぞ、日本!

 

2020年8月30日 (日)

オタマノヤシロについて

オタマノヤシロについてですが、おばぁちゃんとみひろんさんの投稿については、言霊と数霊の原理の解読あるいは箴言と取るのは有効ですが、予言と取るには危険で、むしろ人々の意識をそちらに向けない方が良いと判断しました。起こってしまったことについては、仕方ありません。

確か、節目の年とされていた2019年あるいは2020年から年号「令和」となりました(2が重なる年)これは、過去の精算と新たな時代の幕開けを意味しますので、一旦、白紙に戻されたと判断します。投稿については、真摯なものでしたが、未来は揺れ動くものです。また、人々の意識が天災を呼んでしまうこともありますので、ご注意ください。

かと言って、未曾有の変化があってもおかしくないので、ゆめゆめ、油断されないように。

 

Mac mini 2018

Mac mini 2018
3.2 GHz 6コアIntel Core i7
SSD256GB メモリ16GB

上記を買ってみた。ついでにMagic Keyboardとmouse 2(スペースグレイ)も。

概ね、満足だけど、気になる点は、Mac miniのヘッドホン端子はアナログ出力のみ。Mouseは、端子が裏にあるため充電している時は使えない。

Photoshop Elements 2019を持っていたが、Pixelmator Proを買い足した。Pagesでは、縦書きができるようになったので、私の場合、特にイラストレーターは、なくても良い。手持ちのMac mini 2014にはAdobe CS5がある。OSはOS X El Capitan。なので、過去の書類は開ける。

BenQ モニター ディスプレイ GW2780 27インチ。これは、値段を考えるとこれで良い。本体の設定では、ブルーライト軽減ができるが、白が黄ばむため、フリーソフト、QuickShadeを使うと手っ取り早い。私は、あまり、シビアではないので、参考までに。

« 2018年7月 | トップページ | 2020年9月 »