« 宇佐神宮 その3 | トップページ | 高山のいほり、短山のいほり »

2015年11月15日 (日)

パリ同時多発テロ事件

パリ同時多発テロ事件

フランスのパリで11月13日夜(日本時間14日早朝)、中心部のコンサートホールや北部のサッカー場などを標的とした同時多発テロ事件が起きた。死者は120人以上とみられる。(朝日新聞 DIGITALより引用)

このグループが宇宙神霊ARIONの警告していたものだ。彼らはイスラム国とつながっている。世間を騒がそうとして書いているのでなく、警戒を促している。これは、日本のオウム真理教の事件が転写したものだ。

ARIONの警告

「私が警告したいのは、ノストラダムス本人の詩のことではなく、特にユダヤ系フランス人の出しているものをベースにした予言解読書を基盤に、予言を実現させようと活動している人々の動きのことだ。

ノストラダムスの意図は彼の死と共に葬られ、その遺言を知っていたのは彼の兄弟の一人だった。彼の文書の全ては決して手に入らないだろう。しかし、彼の文書の全てが手に入らないと解読はできない。ノストラダムスは実に、後の世で自分の予言が悪用されることも予見していた。しかし、これを予見したのは死ぬ間際だった。彼に修正のチャンスは、あまり残されていかなったんだね。そういう経過もあって、このノストラダムスの予言には彼個人の遂げられぬ思いも織り込まれているという訳だよ」

「ノストラダムスの予言は、主に透視を使った未来予知なので、あなたがたの意志で現実を変化させてゆけば、外れるのだよ。しかも、キリスト教の土壌ではない日本においては、何をかいわんや、だね」

「聖書の黙示録に書かれてあることを、抜粋してノストラダムスの予言と同等に扱い、それによって終末恐怖感を煽る。終末恐怖感を煽って、民衆を一方向へ釘付けにしておいて、その反対側の所で着々と自分たちの利益の為に行動してゆく…というパターンの活動をしている者もいるということを、みんなが知るべきだと思ったんだよ」

kono87

« 宇佐神宮 その3 | トップページ | 高山のいほり、短山のいほり »

ARION」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パリ同時多発テロ事件:

« 宇佐神宮 その3 | トップページ | 高山のいほり、短山のいほり »