« ARION 『光の黙示録』 その7 | トップページ | ARION 『光の黙示録』 その9 »

2015年3月22日 (日)

ARION 『光の黙示録』 その8

 本日はまず太陽宮と月宮として、表と裏の魔法陣の図を掲載しますので、これを別ウィンドウで開いて、数字に留意しながらご覧ください。

Futamiya_3

21

蟹星の夜に降りる星

朱き星の力の裏に、こっそりと降りる星

これが、私達の * の星

これが 私達の暁の星

真空の空に風が起こり

胎児は 再び私達の手の中に

死か生か

三番目の鐘は もうすぐに鳴り終わる

受け入れるか 拒むか

新たなる蕾か 古い蕾か

巨石の輪 元の力を得るか 否か

石像の中の真の姿を見る者よ

静かに 静かに 時を待つ事

何もせずとも 全て行われる

用意の時を静かに待つ事

その日が近い

1986/4/15

(引用者注:「*」記号は、「+」と「×」を重ね合わせた記号)

蟹座の星2(赤き星の力)裏の星ですから、 *は8で太陽宮でARIONの星なのですが、暁の星というとき月宮の2赤を指しています。

(天の)月宮の真空の空6と風7が回転して、胎児である5が月宮に戻ります。胎児はこのまま死ぬのかあるいは太陽宮(現界)に生まれるのか。

3番目の金は9はもうすぐなり終わる7、胎児である5の周りの数字を言っています。再生を受け入れるか、拒むか、新しい蕾(魂)にしようか古い蕾にしようか。蕾はツボが9、ミが3、

巨石は黄4、輪は8、力は2。

今度は石像を肉体に見立てていますから、現界の太陽宮でのことです。

人間の中に真の姿である神を見出したものよ、静かに時を待てば、自然に起こるべきことは起こる。

(新しい世界の創造の)用意(4と1を示唆?)の時を待ちなさい。

非常に意味深なことを言っています。

22―――母なる大地の子供達へ

冥府(プルトーン)の王 海の王(ネプチューン)との均衡が少し、崩れて来ている

楕円の軌道修正

これは、太陽の黒点の動き 引力圏の動き

宇宙全体の空の場が乱れるのは 地球の場の温度分布の異常から来ている

地球全体が(霊的地球 物理的地球)温度異常

地球の霊体は 人類の霊体と重なり合い、補いあっている

地球の霊体の歪みは 物理的地球に影響を及ぼし地軸の歪みを起こしてゆく

これを 修正する為には 宗教の様に偏った方法では無く

総てを包含し得る

人類の霊的な覚醒を促す事が必要である

地球の霊体は物理的地球の形からずれて来ている

人間の覚醒した霊体で地球の霊体の凸凹を補わなくては、ならない

どのくらいの人数が必要かは未だわからない

恐らく 人類総数の約一/一〇,〇〇〇~一/二〇,〇〇〇で良いだろう

しかし 完全に一致し得る者なら一万人でも良いであろう

1986/4/19

冥府(プルトーン)の王は4、海の王(ネプチューン)は8だと思いますが、宇宙的な視野での言葉ですので、そのまま感じようとしてください。

23

光と風の回転に因って 水が生まれる

1 7        6

風と地の回転に因って 火が生まれる

7 5        2

火と風の回転に因って 地が生まれる

2 7           5

光と火の回転に因って 風が生まれる

1 2        7

最後の行は太陽宮では3になるのですが、月の図では7の位置になります。このように回転の時、密接に月の図に反映されることを示しています。言葉を変えると表裏一体です。

六→八→四→一〇→二→一

太陽宮で、6+8=14となった時、太陽宮では4、10は、月宮では1となります。このように表裏2つの図が一体となっているのです。

(大地から最高神へ)

大地は太陽宮で、10のとき、月宮の1となるの意味です。

読みは四と三

月は三

太陽宮で読みは4と3で7となりますが、

月の図表では3となります。(図参照)

月読みは三と四と三

したがって月宮で4と3=7は太陽宮では3になるのです。

日読みも 三と四と三であった

だから、太陽の図表では月の7が3となります。

(今は そうでは無いという意味)

現界の今では太陽宮で日読みは4、3、4になります。

太陽はエール 三、四、三

太陽の表で 月読みが3、4、3のとき

月はミューア(Musa ムサより女神と思われる)

月宮でも 3、4、3

エールとミューアで 二〇

表と裏を足すと20

最高神が 一〇

太陽の表の最高神10が月の表の1

一〇を分けた二〇であれば均衡状態

10が二つの図表分かちあい、両方で20であれば均衡状態

(今はそうでは無いらしい)

今 現在の数については 教えて貰っていません

現界の今では、太陽宮で、日読みが4、3、4で11の時、月宮も7+4=11となり、両方で22となり、均衡状態と思われる。フト(20)およびフトマニ(22)の語源だろうか。

1986/4/19

kono87

« ARION 『光の黙示録』 その7 | トップページ | ARION 『光の黙示録』 その9 »

ARION」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ARION 『光の黙示録』 その8:

« ARION 『光の黙示録』 その7 | トップページ | ARION 『光の黙示録』 その9 »