« ARION 『光の黙示録』 その3 | トップページ | ARION 『光の黙示録』 その5 »

2015年3月18日 (水)

ARION 『光の黙示録』 その4

力というものは 血から発するものだ

力(チカラ)=血(チ)から

故に血を濁らせては ならないのは道理である

血が濁っている状態で 力を発しようとすると身体のいずれかの場所から毒が噴出しようとするだろう

血とは 火と水のエレメントで構成される

特に 水のエレメントが浄化に関わる

一日に なるべく最低1リットルの出来るだけ清浄な ただの水を摂取する事

日没後六時間以降は 多量の水を摂取しない事

血とは 総ての源である事を忘れるな

 ARIONの血を濁らせないための健康法。いちいち水を買うのは大変なので水を濾すような浄水器があると便利だろう。1日コップ5、6杯はそう無理ではないかもしれない。持病があったりして医者にかかっている方は医師に相談して。

幽玄の彼方から待ち望んだ

今この時 この麗しき邂逅の時を決して無駄にせぬ様に

我々の計画の一端を 再び担う事を誇りに感じて欲しい

其方達の魂が待ち望んだ この邂逅の時

我々の元から送られる愛のエネルギーを最大限に利用して貰いたい

光と光の触れ合いには 大きなエネルギーが再現されるだろう

光の子達よ 思い出すのだ

其方達の愛 其方達の魂の帰る所を

其方達の愛の誓いを この地球上で具現せよ

忘却の淵から起き上がって来た者達の上に

光の子の光の愛の技は 其方達のもの

立ちはだかる 如何なる試練の壁も 光の愛の技の前には無に等しい

我々と共に歩み続けると誓った其方達

お互いの魂に誓った 其方達

夢々 忘れる事無き様に

 今この時とは、永遠を感じる時なので、瞬間毎がその機会だ。神に帰依するという信仰、ARIONに対する全面的な信頼が助けになるだろう。

10

やがては明けゆく、この空の下

闇から闇へと呼び交わす声がこだまする

我々のコード・ネームは「光」

明けの明星 金星の覇者

呼び交わす声に惑わされる事の無い様に

衣食住の夢は 我らの夢では無い

我らの夢は「愛」それだけ

我らの武器もまた「愛」それだけ

光の下に集い 「愛」を実戦する者よ

終わる事の無い「愛」の夢を望む者よ

「愛」だけを武器に 闘い抜くのだ

この惑星上に 再び我らの光が充満する様に

衣食住の夢が 終わりを告げる様に闘い抜くのだ

 衣食住の夢とは衣食住に関する欲望のことであって、衣食住をやめろといっているわけではない。その欲望は日常的であるがゆえに癖になっており、難しいかもしれない。1日に一度、静かなただある時間を設け、静かにしていると、最初のうちは失敗するだろうが、続けてみると静かになるコツがつかめてくる。衣食住の観念に束縛されない超然とした意識と愛を持って新しい世界の創造へ向かえということだろう。

11―――神託

我は イシスの神の再臨を斎(イワ)う為 此処に参れり

豊饒(ホウジョウ)の稲を此処に撒(マ)き

その根をこの国司(クニツカサ)に渡すなり

長者(オサ)を立てて 磐根(イワネ)をおいて

雲を払え

瑞穂(ミズホ)の葦の広野(ヒロノ)の裾に我は種を撒(マ)けり

 回転した魔法陣をエジプトの豊穣の女神イシスの再臨になぞらえていますが、数字の関係性を目で追って確認しています。

618

753

294

イシス   5+4=9

イワう   5+8=13

ココ    9 x 9=81

クニツカサ 9 ~2=7

オサ(一番大きな数字)9を縦に(イワネ)5、1(雲)を払う→真ん中(腹)に置く

6(瑞穂=水)+2(足=葦)=8(5緑野の裾)

注:5と8を指す場合はイワうとしており、イワネと3文字ともカタカナの場合は頭文字の5だけ取っている。

 何故、ARIONはこんなにしつこいくらい繰り返すのだろう。たぶん言霊の性質に気がついてほしいのと、これを分かったあとのスッキリした感じが小さな悟りだからだろう。もちろんそれだけ重要な図だからであるけれども。色霊はこんなふうなイメージで覚えられるかな?

青空に真珠色に輝く陽が、八方を照らす

宵闇の地球にやがて朝日が昇り

生命が黄金色に輝く明るい世

 そういえば、日月(ひつく)の神とは数霊11のことだろう。

ひ1、く9、つ2 より、2+9=11

10余り1は、新しい世界の創造の光である。

 2はたまたま英語でツーであるが、言霊フには付の感じも当てられ、訓読みでツと読める。たぶん、十一面観音は饒速日命の仏教的な化身である。

 神武天皇の時、神とされ三輪山に祀られ、崇神天皇の時、大物主神として崇拝され、応神天皇のとき、八幡菩薩として祀られた。ホツマツタヱの言葉が一致したのは偶然ではないだろう。神功皇后との縁は強力だった。

 また、言霊原理が隠され、弱肉強食、物主従霊の恨む神としての偽ヤーベ神の台頭とその対策が背景にある。

kono87

« ARION 『光の黙示録』 その3 | トップページ | ARION 『光の黙示録』 その5 »

ARION」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ARION 『光の黙示録』 その4:

« ARION 『光の黙示録』 その3 | トップページ | ARION 『光の黙示録』 その5 »