« ARION 『光の黙示録』 その5 | トップページ | ARION 『光の黙示録』 その7 »

2015年3月20日 (金)

ARION 『光の黙示録』 その6

15

龍宮よりの使い もの申す

我が幸賜る者よ

三丈の御柱を巡りて我が宮つ城へ急げ

亀石 導き給う

小涌き 清水流れ 花散る里

楊気 たが石 まがた石

訳知るものよ 神さづち

あやに賢き媛神おわす

 

Irotama

 

3x3の魔法陣を竜宮城に見立てて斎(イワ)いの席に案内されているように見立てられています。煩雑になるので、文字の説明は省きますが、解ると思います。

9+4=6+7=8+5(=13は言霊スであり火水で神を示す)

4+6+5=15,

2+4+1+3+5=15 斜めのラインの和で合わせている(縦横斜めのライン上3つの数字の和15を5つの数字の和で示している)15は庇護と読めるので、スメラを庇護している図ということになる。それなので、あや(縦横)に賢(かしこ)まる秘目神がいらっしゃる。 

 

かにの里まがつちを経て 依りしろを臨め

かぐの里 びょうぶ岩

うがつ者のみ 栄え知る

矢の小鳩 鵜の小槌

仮宮にておわす

発音で示される3つの数字に囲まれた数字を赤で示す。

6 1 8 

7  3

   

 1  

7  3

2  4

6   

7 5 3

 9 4

数字を追うと、真ん中の9、5、1の柱について言っているが、最後の1は10の仮住まい

龍神 待つ 竜子媛

永きを待つ 磐のごと

者共 集え

斎いのときを

 1 8 

7  

2  4

龍3、6、9を待つ(松の色は緑なので)竜子姫は真ん中の5

(弥勒を待つ、地球の意味か?)

7+4=11を待つ (11は新しい世を開く)

磐ごと皆集え(全部1から10まで)

斎くそのときを

1986/2/15

16

ヤグルマ ホホロギを捜せ

打たせの壷に剣あり

ワジルシ ユカタン

三角に道を通す

井桁を辿れ

 

ヤグルマはくくりの間で、5の周辺の8つの数字のこと。ホホロギはホが2なので、2の倍数の2、4、6、8を示す。

打たせのは、前回のとおり黄金の9、は諸刃なので2。

ワジルシは和の印なので、2から始まって5への方向、ユカタンは床端で2から9、4への方向。三角に道を通し井桁を辿れなので5の方向へ。

其方には 分かるであろう

カリマホロバのヨイヤミ宮にて其方を待つ者ある

その者と共に 冥府の従僕の頭(コウベ)を洗え

2+5=7が魔法陣のヨイヤミ宮、従僕の頭は6(洗うので水色)

吾が宮つ城を踏みにじる者に災いあれ

吾は龍宮の長、不二の高嶺に立つもの

龍宮の変を知らぬ 其方では無かろう

冥府の従僕を吾が従僕にするために

其方のするべき事を教える

冥府4の従僕6を、龍宮の長である1の支配下におくためのの指令である。

 

ホホデミの炎の剣を ハジベの所へ持って行け

青龍の吐く息で精錬せよ

冥府の従僕を眠らせ 赤龍を呼べ

 

5+8=13よりハジべとは1、赤龍は3

赤龍の吐く息を従僕の裡に呼び込み

炎最大となった時に ホホデミ青龍剣を振り下ろし 炎の根元から切り分けよ

3(赤龍)+6(従僕)=9(呼び込む)

炎2が最大は2の二乗4なので、9と4の間を切り分けると9-4=5で5が出現することにより、4と6のつながりが切れたことになる。

其方達 吾が従僕よ

吾が報せをよくよく胸に留め ゆめゆめ忘れること無かれ

象徴的ではあるが、冥府の主4(死)と地球(5)が切り離され6は神1の従僕となった。

1986/2/17

17

矢追(ヤオ)い 其麻(ソマ)の里(音で辿れ)

井戸の柱 井桁

行く道を見よ

野薔薇咲き乱れ 蝶の遊ぶ道

行く道を見よ

石つぶての道 瓦れきの道 砂煙立つ

行く道を見よ

其方の十字に問うて行け

カミル・アー・エスエンアメン

交錯しているつづらをほどけ

バアの胃袋を空にするな

マニ マニ マニ △HARIHATT・DEM・ZEIM(ハリハット・デム・ゼイム)

1986/2/23

 冒頭は8(ヤオ、バラ)5(間、里、井桁)、2(蝶の羽は2枚)と道を辿っている

 5の位置から2(ツブテ)、4(がれき)、3(砂塵)の方向を目でおって、258、456、357の道をみて、その方向の十字を確かめなさいの意。

カミル・アー・エスエンアメン

交錯するつづらをほどくとは重複している文字などを整理すること

バアの胃袋を空にするなは、バアは横棒で音引きのことだが、胃(意)袋の中身のであるアとは切り離さないで使えという意味。

ミカエル・アーメン でしょう。

マニは言霊、数霊の図表のことなので、いつもの魔法陣のこと。

HARIHATT・DEM・ZEIM(ハリハット・デム・ゼイム)は造語でしょう。正確なスペルまでわかりませんが、これらの意味です。

ハリストス キリストのこと

ゼス    イエスのこと

(Notre-)Dame、(我らの)貴婦人の意味で、聖母マリアのこと

kono87

« ARION 『光の黙示録』 その5 | トップページ | ARION 『光の黙示録』 その7 »

ARION」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ARION 『光の黙示録』 その6:

« ARION 『光の黙示録』 その5 | トップページ | ARION 『光の黙示録』 その7 »