« ARION 補足 Ⅱ | トップページ | ARION、ユダヤの民、イエスの影 »

2014年11月 8日 (土)

ARIONと大本

 ARIONのメッセージにどのような意味があるのか、理解するために日本の宗教教団について、簡単に説明しておきます。

1814年(文化11年)黒住教 仏教

1838年(天保9年)  天理教 キリスト教

1859年(安政6年)  金光教   イスラム教

 

1892年(明治25年)大本   ユダヤ教    

    開祖・出口なおに、国祖・国常立尊が「艮の金神」として神懸りお  

    筆先(おふでさき)始まる。

1898年(明治31年)

    出口なおと出口王仁三郎が出会い、教団組織発足。

    王仁三郎は、開祖・なお(直)(厳霊)の役割を洗礼者ヨハネ、自 

    身(瑞霊)をスサノオ/救世主と位置づけている。

    大正と昭和10年に政府より2度の弾圧を受ける。

 御筆先に『天理、金光、黒住、妙霊先走り、とどめに艮の金神現れて、世の立替えを致すぞよ』という表現があり、青字は、それぞれの教団が日本における世界の宗教の顕れとの説もあります。これらの宗教教団は全て関西発祥でした。

 そして、大本とその後の日月神示と同じ系統なのが、ARIONのメッセージです。ARIONが2,000年の少し前に出てきたのは、より現代的な言葉で表現する必要があったからでしょう。国常立尊とスサノオ尊の系統の歴史を表に出すことで、日本人の中にある集団意識が刺激されるのを感じられるのではないでしょうか。

言霊原理との関連

 大本の神示には、梅の花、松の世など、言霊原理を示唆するメッセージも多いですが、注目すべきは王仁三郎聖師は大石凝真素美翁の75音の言霊原理や楔文字を理解していたことです。そして、彼の霊界物語は全81巻ででした。これは、言霊が全部で81音あるという示唆でしょう。

 75音言霊は、下図のとおりですが、大石凝真素美師によると、古事記のある箇所がこのように理解できるそうです。この音図は濁音と半濁音を含んでいる点が注目されます。また、この音図はこれは古代五弦琴の音図と同じという説があります。また、水茎文字に関連付けられています。水茎文字は、琵琶湖で発見されたと伝えられているそうです。

 

Kodaimoji

参考サイト

http://onido.onisavulo.jp/modules/rssc/single_feed.php?fid=310

 他の古代文字もいくつか挙げておきます。面白いのは石上神宮の昔の御朱印があひる文字で表現されていたということです。(イソノカミノオホミシルシと読める)比較的、この文字は全国の神社で多く発見されているようです。イソノカミとは五十音言霊のことだと思います。

参考サイト

http://kodaimoji.blogspot.jp/2011/05/blog-post_4385.html

 その後、日月神示が世にでて間もなく私が九の花の図と呼ぶ数霊の図が明らかにになりました。そして、完全な形ではないかもしれませんが、言霊数霊比定表がまとまりました。基本は75音言霊になります。

 一方、言霊の会さんが、言霊原理を完全に復元してくださっていました。手元の島田先生の言霊という本の初版が1987年(昭和62年)です。ホツマツタヱもカタカムナもヤマト言葉48音が基本になっていますが、古事記で漢字を取り入れ、その後「かな」ができましたので、こちらは50音が基本で、上下に組み合わせた百音の音図があります。

 そして、ARIONが、言霊、数霊、歴史について、語っていることが、当ブログを補足、裏付けしてくれる形になっています。これは推測ですが、神界のサポートとして、ARIONが天使なら、日本の神示は龍神系ではないかと思います。内容が同じでもだいぶ印象が違いますが、共に6次元界だと思います。

* * * * * * * * * *

 時にニュースの見出しなどで、天が何かを知らせてくることがあります。最近の事でいうと10月28日22時22分にシグナス補給船運用3号機を搭載した、アンタレスロケットが墜落炎上しました。

 時間が22でフトマニにあたるように、強烈な警告でした。私がブログ記事に白鳥座と書いたその日だったからです。シグナスとは白鳥座のことです。このように現実の記事とリンクしてしまうことがあります。

 これは明らかに宇宙よりも足元の地球を見よの警告であると思います。ロケットの発射がオゾン層を破壊していることはあまり、知られていません。太母さんのおっしゃったように未来を夢みることは、少しはよいが、今は意識を地球に向けるべき時なのです。

 クジラやイルカが迷ったり、トドが九十九里浜に迷ったり、イワシが大量にうち上がったり一体何が起こっていいるのでしょう。おそらく、海底の火山活動が活発になり磁場に乱れがあるためと、なんらかの理由で海に呼吸ができなくなるような溜まりがあるのだと思います。

 前回の書き込みで、この解釈の方が良いのではないかに気がつきました。獣道は十から一と書きましたが、2、4、8であろう(2x4=8)と訂正します。2本足は鳥類・四肢及びハ忠類を指すのでしょう。369が龍というのは3の倍数という考え方です。

kono87

« ARION 補足 Ⅱ | トップページ | ARION、ユダヤの民、イエスの影 »

ARION」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ARIONと大本:

« ARION 補足 Ⅱ | トップページ | ARION、ユダヤの民、イエスの影 »