« ARION 魔法陣 補足 | トップページ | ARIONと大本 »

2014年11月 3日 (月)

ARION 補足 Ⅱ

友人より送ってもらった新着のARIONメッセージ一挙解読です。

93年

12/17 ★9は4と共に在る。3が4に顕現しない世の中は暗闇である

618

753

294

9は、4と同じ段にある。4-3=1、1が白光しないと全体が暗くなる

12/18 暗闇にうごめく者は何か?…彼等は闇の先住者を脅かしている  

618

753

294

429

357

816

暗闇にうごめく者は7、闇は8、3で先住者は3

94年

07/18 金色の三角は、その中に四角い底辺を持つ…手の中の束を見よ…

黄金太陽の三角の組み合わせの正八面体を言っています。◇+の事で、手の中に想像して、タバは田の葉、波を見なさい。

07/19 虹色の硝子も、土蔵の中にしまわれていたのでは光りようが無い…

虹色の7も、1が下にあるのでは、光ようがない(回転する前の魔法陣)

07/21 九四は八五と共に…、渦巻く予兆は逆巻く波涛の助力を得るだろう

9+4=13、8+5=13、1と3は8と5の逆回りの位置(魔法陣)

95年

10/11 龍は龍の道、人は人の道、獣は獣の道…夫々が正しく歩むこと

龍の道は3、6、9、人の道は一から十へ、獣の道は十から一へ

10/12 目先の苦しみから安易な道を選ぶな…茨の先には輝く草原がある

これは霊的修行の事

10/13 古の魂(ココロ)よ蘇れと願う民に呼応する祖土(オヤツチ)の魂(ココロ)

十字と⬜︎からなる魔法陣を正しい方向に配置すれば、大きな心は蘇り、オヤツチ5は盛り上がる

10/14 仮宮にて事の成り行きを見守っていたお方は、正宮に移動する

下に位置していた一(カミ)は、回転して上の一(イチ)に移動する。

 

10/15 三重に守られた聖柩は、地と血とチによって封印が解かれる

○の中に三つの⬜︎をズラして入れると円は12等分されるが、その中の中心線の十字を見いだしなさい。⬜︎は地と血とチ(力ラ)を意味する

10/16 神津、神志、神幸足る者よ、海龍王は逆矛を高く上げた・・・

753

294

カミ1から2(ツー)、4(シ)、カミの光、金色たる9の三角形、海龍王であるスサノオは天に向かって新しい世界を開く志のため、逆鉾を掲げた。の字でヤマトダマシイ。

10/17 割れた亀甲の文字を読むに必要な目は、1、5、6、8、13

1、5、6、8と辿ったあと8+5=13より1と3を見出しなさい。(魔法陣の位置の補足)

94年

09/03 「火(カ)」→「タタラ・アタタラ」→「水(ミ)」…順を追って…

上の三角形「火(カ)」→2度続く「タ」を除くと「ラ(右回転)」「アラ(荒=左回転)」、下の三角形「水(ミ)」の順で。(SPASCIFICA補足)

09/04 カミシクミは滞りなく組まれ、合わせ鏡は完成する…麒麟は吠える

4、9、3の三つの数字は6、1、7の三つの数字の位置と向かい合わせになる。

7の影響が始まる。(今日のブログの説明に続く)

09/05 八つが峰に白き炎もて封印せし輪は放たれたが、人心は惑うのみ

6、1、8、3、4、9、2、7から5に登る峰に白光1が上に掲げられたが、和(足し算)の関係がわからないと一から十(ひと)の心(意味)は理解できない。

09/06 人よ人、心無き骸となる勿れ、水面に映る己の姿を信じる勿れ

人々よ、心(魂)なき骸となるな、水面に映る肉体をみて自分の存在を物としてみるな。

 

09/07 真空の宇宙(ソラ)を裂く鋭い一撃は、数多の人々の魂が嘆く音…

真空の宇宙は言霊ウで、ア(主体)とワ(客体)に別れたことで、カミを忘れてしまった。

09/08 勇躍ある時、水の木霊、地の轟き、浅間の煙、那須鳥海、鳥島…

直感の働きある時654、258、159 753 十理 締まり

細かく書かないので、考えてみてください。

09/09 目を開けて観なさい…事々に善悪判断を施さず、ただ観なさい。

意識の光を当てて、ただ観なさい。これはツキヨミ系の瞑想

09/10 大地の轟きは、空に共鳴す…海神王は海鳥の鳴き声を合図に…。

大地5の轟き空6に共鳴は隣の1、5=6-1の関係、8(ネプチューン=スサノオ)は、(う)みどりは3と緑5に分けられる。8=3+5の関係。

09/11 青白き馬に跨り、報せる者は、満ちた月を合図に瞳を凝らす…

青6白1馬に跨り、知らせるに報の字を使い、マスを示しているので、8は、満ちた月2を合図にとは図に照らし、瞳1と3を凝らす。2=3~1の関係。

94年

04/27 蓮華の花はヘルメスの杖によって開く、麒麟の瞳は何処を示すか

蓮華の花はハスで、ホツマのフトマニ図のことです。開くとは一筆書きの八角形の語順のこと。

ヘルメスの杖は2匹の龍が逆回転で杖を登るのですが、フトマニ図の真ん中のアは左巻き、ワは右巻きでとぐろを巻いたような文字です。瞳は、ヒトミで上の三つの文字になりますが左廻りになっていますから、トから左回りに回れと言っています。

   

  ㋐ 

タ  ㋒  カ

 ホ ㋻ メ

   ヱ

開いた答えはもちろん「トホカミヱヒタメ」。(図は以前の記事参照)

04/28 カリマホロバがマホロバへの道を辿る故、麒麟は炎の道を示す

カリマホロバは、想像して作った仮の光、マホロバは真の光明のこと。霊獣7はそれに気づき、炎の道を示す。(黄金太陽参照)

94年

11/24 八角形に張り巡らされた視線の中、五角形の呪文を含む六角形の炎

これは、何角形と考えてしまうと迷宮入りになる。8のマス(方形)と考えれば、見えてくる。8つの数字に囲まれた5を含む十文字159縦と357横、次に6の炎とは2のこと、炎は2つの火という文字の組み合わせなので、6÷2=3、続いて3の二乗9がでてくる。これで全ての数字が出てきたことになるので、語の呪文とは「ひふみよいむなやこと」の十文字である。

11/25 待つ火と仰ぐ火、読む水と留まる水、位は確かな場へ…時は流れる

来つつある霊(魂)を待つ今世と見上げる天より来るべき霊の未来、読まれた言葉と読まれていない言葉、位相は、確実な受け手の場へ、こうしている間にも時は流れる。これはいくつかの事を言っていますが、砂時計の時間の概念とチャネリングの場FARION? について言っているようです。

95年

12/12 8の中の5と3は拮抗し、5の中の3と2は協力態勢にある…見よ

8の内側の5と3は並び、5と同じ段の3は下の段の2と協力しあっている。見よは3と4で、3+4=7を暗示している。

このように、メッセージは、時期的にバラバラに降っていたので、まとめるのは大変ですね。ひとつひとつ解読するとき、知性は集中すると他が見えなくなりますので、別の視点に切り替えなければなりません。頭を柔軟にすることで、解読できると小さなユリイカ!、喜びとなります。

kono87

« ARION 魔法陣 補足 | トップページ | ARIONと大本 »

ARION」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ARION 補足 Ⅱ:

« ARION 魔法陣 補足 | トップページ | ARIONと大本 »