« ARION メッセージの多重性 | トップページ | Mac OSX 10.10 Yosemite »

2014年10月17日 (金)

ARION 345の三角形の封印 外伝

 大和三山が奇麗な二等辺三角形になることは、古代ロマンマニアの中では有名です。三山とは次の三つになります。

天香久山(あまのかぐやま、152m)

畝傍山(うねびやま、199m)

耳成山(みみなしやま、140m)

 万葉集には中大兄皇子の下記のような歌があります。

香具山(かぐやま)は 畝火(うねび)を愛(を)しと

耳梨(みみなし)と 相あひあらそひき

神代かみよ)より かくにあるらし

古昔(いにしへ)も 然しかにあれこそ

うつせみも 嬬(つま)をあらそふらしき

「香具山は、畝傍山が愛いとしくて、恋仇の耳成山(と争った。神代よりこうなのだから、現世でも妻をめぐって争うのだろう。」と男女の三角関係になぞらえています。

 言霊で解くと、「うねび」はウ音霊で、言霊ウ、「あまのかぐ」はア間がカッと具現化したで、言霊ア、みみなしやまは、耳に成るで、言霊アの主体が音を聞くとき客体を認識するという意味で、客体は言霊ワになります。

 これは、言霊竜田の最初の三音であり、ホツマツタヱの天御(三)祖神(アメノミオヤカミ)になります。アとワが争ってウを引っぱり合うと弓を引くような形になります。その弓矢は何処へ向かうでしょう? 図のように三輪山です。

Yamato3zan

 

(地図はGoogle Mapより引用)

 これが大和(やまと)→「矢の的」で、その意義のひとつです。

 ARIONには「345の三角形の封印」、「4の辺上を閉じる」という表現がありました。すると直角三角形が2つできるのですが、二等辺三角形と直角三角形は、奈良や京都のいたる所に見つかるのですが、この大和三山と三輪山の図が基本になると思います。

 すると、三輪山に封印された者は、真の初代の王であったニギハヤヒということになるでしょう。大物主は倭大物主櫛甕魂命(ヤマトオオモノヌシクシミカタマノミコト)の称号より、また、物部氏の名よりニギハヤヒ命で間違いないと思います。また、友人からの情報によりますと、奈良県橿原市の益田岩舟は、真っ直ぐ三輪山を向いているそうです。

 そして、この基本の図に当てはめると初代より連なる天皇陵の場所を示唆するものとなることを予想します。場合によっては、妃の場所も加わるかもしれませんし、断絶もあるかもしれません。とてもすべてを追っていく時間はありませんが、重要なヒントになると思います。

kono87

« ARION メッセージの多重性 | トップページ | Mac OSX 10.10 Yosemite »

ARION」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ARION 345の三角形の封印 外伝:

« ARION メッセージの多重性 | トップページ | Mac OSX 10.10 Yosemite »