« 十禅図その十 | トップページ | ARIONのメッセージ解読4 »

2014年10月 3日 (金)

ARIONのメッセージ解読 3

 引き続き、「来るべき地球大変動の真相」の中のARIONのメッセージ解読を続けます。この本の著者となっているアートライン・プロジェクトが数字の預言の解読に携わる前に受け取ったメッセージだということです。

 

世はまさに乱世、この中に始まる混乱は常となり、

人々の心に安定の文字が見出せなくなるとき、

人の形をかたどった冥府の者どもが

悪しき光の雲の向こうから合図を送るのが見えるだろう。

 このメッセージが降りたのは1995年より少し前なのでしょうか?神戸大震災は1995年1月17日で、前の日の夜、ARIONから地震の予言ととれるようなメッセージが降りたということです。この段落のような事態は当時より悪化している。

>人の形をかたどった冥府の者どもが

 悪しき光の雲の向こうから合図を送るのが見えるだろう。

 これは、スクリーン、特にTVのことを言っているよです、冥府の者とは、黄泉の国の者で言霊オ(記憶)の領域より、いろいろな理論を振りかざす論者及び欲望をかき立てるような者たちのことです。悪しき光、これは科学的に証明されているかどうかわかりませんが、仕事で疲れた日の翌日の休日TVをボーっと長時間見てしまうことはないでしょうか。どうも人を無気力にするものがあるように思います。

 あの○○党の時代、解説者や政治家たちが、いかに無責任で根拠のない意見を言っていたことか。合図とは人間に条件反射を起こさせるような仕掛けのことです。色、マーク、音などを反復し続けています。

あなた方は、決してこの光を読んではならない。

あなた方に必要なのは縦糸、緯糸をめぐらせる

この世の心のあり処を示す。

大地の光のタペストリイだ。

 TVで言っていることの多くは覚醒、智慧の光のない闇の言葉ばかり、大地の光といっていることから、あの魔法陣のような数霊、このブログで説明してきたような言霊原理を指すように思います。

あなたがたは、数字を読みなさい。

日本の古来の方法で、カバラの智慧と占星術の智慧を

明かりに、数字を読みなさい。

 

 数字を読みなさいとは、あの数字の入ったメッセージのことでしょう。わたしは大きいニュースの見出しの言霊、数字を読むことを付け加えます。

あなた方の命の樹を、命のないものに渡してはならない。

命のないものは、良心の声の聞こえない者。

命のないものは、命の流れに竿(さお)さすもの。

 命のないものとは生気の流れを遮ってしまうもの。過去の理論とは事象の一面を説明しますが、事象そのものが分かっているわけではありません。なにも、宗教のような小難しいことでなくでも、体験の伴った言葉には命があります。

明けの明星は夕刻の光とあいまみえ、

あなたがたの額に、一筋の光明を示すだろう。

大犬の智慧は、知恵者の識ところでなく、

これから初めてあなた方の識るところとなるだろう。

 明けの明星とは、金星のことです。さっき、仏陀についてアップしたばかりでした。また、六芒星をシンボルとするARIONにとって、金星とは特別のものです。私の感じるところでは、ちょうど、仏教の霊団が月の精霊の力を借りるように、ARIONは、金星の精霊の力をかりて、感化やメッセージを送ってくるように思います。それと今はまだ語られていない理由によって…。大犬とは大犬座のことで、シリウス(Sirius)は彼らの故郷で大犬座α星(αも書いたばかり)、六芒星は冬の大三角形、冬のダイアモンド(冬の大六角形)をシンボル化したものでしょう。(写真参考)

250pxwintersky

(Wikipediaより)

kono87

« 十禅図その十 | トップページ | ARIONのメッセージ解読4 »

ARION」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ARIONのメッセージ解読 3:

« 十禅図その十 | トップページ | ARIONのメッセージ解読4 »