« ARIONのメッセージ解読 3 | トップページ | ARION 日向族と出雲族 »

2014年10月 5日 (日)

ARIONのメッセージ解読4

 下記のメッセージは、魔法陣の回転の正当性を裏付けてくれました。

 日向のアマテラスの義弟たちの数字は四であり、彼らは四国に隠れた。

日向の直角三角形の封印において、四の辺上に九つのポイントがある。うち一カ所で日向は封印をしており、残り八ヶ所は偽物の封印である。

 日向の封印は、それぞれ、封印された地域に住む人が自分で気づき、解きにいくだろう。三四五の封印は日向の手によってかけられたのだから、日向の手によってしか、解くことができない。日向の血を受け継いだ者が、この本を読み三四五の封印の智慧を得たら、四の辺上にあるたった一つのポイントに直感で気づきk、自らそこへ行くだろう。

 

 ニギハヤヒの隠された数字は九である。

 ここで再度、あの魔法陣の図が必要となります。

4

>日向のアマテラスの義弟たちの数字は四であり、彼らは四国に隠れた。

 前回までの解読により、四は日であり、方角であることがわかりました。しかし、日とはアマテラスのことで最高神で1であるはずです。それなので、アマテラスの義弟という表現をしたのです。太陽そのものでなく、日向(ヒムカ)なのです。四国とは地名のことでなく4の場所および方角に注目せよという意味です。

>日向の直角三角形の封印において、四の辺上に九つのポイントがある。うち一カ所で日向は封印をしており、残り八ヶ所は偽物の封印である。 

 

 四の辺上は全体を囲う四角形の辺のことで、その中には9つの数字のマスというポイントがあり、その中のひとつの数字の場所が封印をとく場所であると言っています。

>日向の封印は、それぞれ、封印された地域に住む人が自分で気づき、解きにいくだろう。三四五の封印は日向の手によってかけられたのだから、日向の手によってしか、解くことができない。日向の血を受け継いだ者が、この本を読み三四五の封印の智慧を得たら、四の辺上にあるたった一つのポイントに直感で気づきk、自らそこへ行くだろう。

 日向が自らそのポイントへ行くだろうとは、4のマスがある数字がある場所に移動するすなわち回転するということです。345の封印を直感でその場所とは、別の意味で4の辺(縫い目)に添ったところ。一つづつ数字が増えていく456の斜めのライン上である5を挟んで、真向かいの場所、すなわち6のマス。

 これにより私が魔法陣を回転したことが、正しかったこと、日向の義弟だちの封印を解いたことになります。4は、日本の東南にあたる四国の場所に落ち着きました。

>日向の血を受け継いだ者が、

 日向である4と同じ偶数の場所を辿れということです。4→2→6、あるいは 

 4+2=6。

 十種神宝(とぐさのかんだから)は、型代として象徴したものはありますが、その実態はこの魔法陣とニギハヤヒの血を受け継いだ物部氏の「ひふみよいむなやこと」の祝詞と思われます。

>ニギハヤヒの隠された数字は九である。 

 カバラの数字9は完成を意味します。隠されていたた九の花の図のことではないでしょうか?もう一度、九の花の図を掲載しておきましょう。魔法陣を拡張して完成した図がこれです。真ん中に41の言霊ラを配し、言霊ラは神、光を意味します。

 そしてこの智慧の源泉は遠く宇宙の彼方のシリウスにあり、ARIONを経て国常立命、スサノオの血脈を継ぐニギハヤヒ命に引き継がれたものであったのです。

称号の「天照國照彦天火明櫛玉饒速日尊」(あまてる くにてるひこ あまのほあかり くしたま にぎはやひ の みこと)を言霊でとくと

天照國照とは、天と地を指す二つの三角形からなる六芒星のこと、彦は男性族長、天火明(天孫族)を継ぐ 、櫛玉は霊妙な魂、饒速日とは言霊原理を一義とした世界の創造(二義)を促進するという意味です。

 

Koono87

kono87

« ARIONのメッセージ解読 3 | トップページ | ARION 日向族と出雲族 »

ARION」カテゴリの記事

コメント

おはようございます^^

今まで見たARIONの解読の中で、kono87さんの解読が一番「腑に落ちます」。
・・・ということは、自分の中に答えが予めあったと言う事かな。

これからの解読も、期待します^^

今だからそういえますが、自分でもなぜ解けるのか。同じ霊道が開いたのではありませんか。もちろん自分の中に最初からあったのですが、気づくことができるようになったという意味です。

ヤーベの綴りはYHVHが有名ですが、JHVH、JHWHというのもあります。あの場所でJカら始まる言葉が多かったですよね。JapanのJでもありますが。

「時がくれば」ですね。
ARIONもフォーラムでそんなことを言っていました。

時が来たから、色々なことが分かり、繋がっていくのでしょう。
色んな・・・”偶然”と思えることも、ただ一つの必然に繋がる。

私もようやく、分かってきたように思います。
初めから答えはそこにあったんだと、kono87さんのおかげで気づかされました。
なぜ、私があのフォーラムに行って、ARIONにあったのかを。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ARIONのメッセージ解読4:

« ARIONのメッセージ解読 3 | トップページ | ARION 日向族と出雲族 »