« 言霊の整理、活用の検討02 | トップページ | 布斗麻邇の講座目次 »

2014年4月18日 (金)

Core 2 DuoのMac Mini にWindow8.1をインストール

 これから、書くことは完全に自己責任で行うべきことではあるが、困っている人も多いのではないかと思い、覚えがきをしておくことにする。

 このところ、起動しなくなった友人のパソコンにWindows7x64をインストールしたりしていたのだが、DVDトレイが開かなかったので、MicorosoftのUSB/DVD Download Toolを使って、起動USBメディアを作ってできた。元は、Windows XPの32bitだったが、幸いにも64bitを受け入れてくれる機種であった。

 基本Macユーザーの私にはBIOSの設定画面が出てきて面食らった。その機種ではF8を押すことで起動にUSBメディアを選ぶことができた。たぶん、機種により押すキーも違ってくるのだろう。これで、Windows 8.1をインストールすることも可能になった。インストールできる目安として、Intel Core 2 Duo以降搭のチップ載機ではないだろうか。

 http://wudt.codeplex.com/releases/view/37074

 上記のサイトで Windows7-USB-DVD-Download-Tool-Installer-ja-JP.exeをダウンロードできる。なお、事前に,Net Framework Version 2.0のインストールが必要である。また, windowsは.isoファイルが必要である。

 Windows7x64とWindows8x64は上記のUSB/DVD Download Toolで、USBメディアからインストールできることを確認している。

 最近のWindowsは新規インストールしなくても、あとで、ローカルディスクを右クリックしてから、プロパティを選ぶとディスクのクリーンアップで、不要ファイルを削除できる。このへん最近のWindowsは、融通がきくし安定している。

  私のMac Miniは、Windows 8以降のBootCampをサポートしていないため、Boot CampのWindows サポート 4  及び  5.1も機種不適合でインストールできない。ここで、懸念される問題は以下の通りである。

1. ディスプレイの画面

 これはWindows 8.1においては、NVIDIAドライバーが自動的にインストールされるので、まったく問題がなかった。

2. 一番困ったのは音がでなくなることである。

 これはHigh Definition Audio CodecsのWindows用64bit用ドライバーをインストール必要がある。

http://www.realtek.com/downloads/

 

 上記のサイトから、High Definition Audio Codecsをクリックして、注意事項に同意し、R2.73をダウンロードできる。これにより、MacMiniのヘッドホン端子よりアナログ、もしくはオプティカルで出力できるようになる。

3. Macのキーボード

 いちばん簡単なのは、「AppleKbWin」(フリーソフト)をVectorでダウンロードしてインストールすることである。古くからのソフトのなて、Windows 8.1ではかなと英数の切り替えで若干の不具合がでるが、Commandキー(Ctrlに相当)と同時に切り替えキーを押せば、問題ない。なお、.Net  Framework Version 4.0が必要とあるが、3.5でも起動できた。

4. Windows側からMac OSXのフォーマットの外部ティスクを読み込めなくなる。

 これはBoot Camp以外のソフトは入れない方が安全であり、あきらめた方がよい。外付けのHDにパーテーションをきって、Windows用のスペースを作っておくと何かと便利である。

 起動音のあとすぐにOptionキーを押せば、Mac、Windowsのどちらか選べるので私は満足している。また、システム環境設定の起動ディスクにはちゃんとWindowsの項目がでるので、そこで選ぶこともできる。

5. Macbook AirやMacbook Proのトラックパッドが使えない。

「Trackpad++」というソフトをインストールすればよいらしい。というのは試していない。

 以上、壊れてもよい覚悟が必要なので、良い子はまねしないでください。私のMac MiniはHDをSSDに換装してあるので、熱の面で心配さほどがなく、やる気になった。

 今回のインストールはMacで作成した書類をWindowsに引き渡すためである。個人的にはLibre Officeの方が使いやすいが、混乱をさけるため、全部Word2013にしてしまおうと思う。

 ところで、Windows 8.1ってスタートメニューのフリーソフトさえ使えば、画面きれいで良いと思う。オプティカルのデジタル出力の音は静寂感がよい。やや冷ややかだが、これはこれで落ち着いた音でよい。私のDACはAISO非対応なので、本領発揮といかないが、「Bug head Emperor」というフリーソフトはオプティカル出力でも明らかに高音質である。(AIFFには非対応)

 kono87

« 言霊の整理、活用の検討02 | トップページ | 布斗麻邇の講座目次 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Core 2 DuoのMac Mini にWindow8.1をインストール:

« 言霊の整理、活用の検討02 | トップページ | 布斗麻邇の講座目次 »