« 言霊の整理、活用の検討01 | トップページ | Core 2 DuoのMac Mini にWindow8.1をインストール »

2014年4月17日 (木)

言霊の整理、活用の検討02

 次に御刀の手上(たがみ)に集まる血、手俣(たなまた)より漏(く)き出(いで)て成りませる神の名は、闇淤加美(くらおかみ)の神。次に闇御津羽(くらみつは)の神。

  伊耶那岐・美の二神は共同で三十二の子音を生み、次に父母子音言霊四十九個を粘土板上に神代表音文字として刻み、素焼にして五十番目の言霊ンを得ました。子種がなくなった伊耶那美の命はここで高 天原での役目を終え、客観世界である予母津(よもつ)国に去って行きます。主観である伊耶那岐の命 はこれより言霊五十音を刻んだ埴土(はに)を整理する作業を進め、先ず最初に和久産巣日(わくむす び)の神なる五十音図(菅曽[すがそ]音図)にまとめました。次に岐の命は和久産巣日の神とまとま った五十音図で示される人間の精神構造を十拳剣で分析・総合することによって社会を創造するための 理想の精神構造を主体的に自覚いたしました。この主体内にて自覚された理想の精神構造を建御雷(た けみかつち)の男(を)の神と言います。次に岐の命はこの建御雷の男の神の活用法の検討に入ることとなります。

 伊耶那岐の命の人間精神構造の検討の仕事が、初めに剣の「前(さき)」から「本」となり、此処で は「御刀の手上(たがみ)」となり、検討の作業が進展して来た事を物語ります。ただ「前」と「本」 とが「湯津石村に走りつきて」とありますのが、「手俣より漏き出て成りませる」と変わっているのは 何故でしょうか。その理由は成り出でます神名闇淤加美の神、闇御津羽の神に関係しております。これ について説明いたします。

 伊耶那岐の命は菅曽音図の頚(くび)を斬り、人間の精神構造を検討するのに十拳剣を用いました。 それはア・タカマハラナヤサ・ワの十数による分析・検討であります。この様に言霊によって示される 構造を数の概念を以て検討する時、この数を数霊と言います。この十の数霊(かずたま)による検討は 左右の手の指の操作で行う事が出来、その操作を御手繰(みてぐり)と呼びます。指を一本づつ「一、 二、三、四......」と握ったり、「十、九、八、七......」と起したりする方法です。「御刀の手上(たが み)に集まる血、手俣より漏き出て......」とありますのは、以上の御手繰りによる数霊の操作を表わし たものなのであります。太安万侶の機智の素晴らしさが窺える所であります。

 御手繰りの操作に二通りがあります。開いた十本の指を一つ二つと次々に折り、握って行く事、それ によって宇宙に於ける一切の現象の道理を一つ二つと理解して行き、指十本を握り終った時、その現象 の法則をすべて把握した事になります。この道理の把握の操作を闇淤加美(くらおかみ)と言います。 十本の指を順に繰って(暗[くら])噛(か)み合わせる(淤加美[おかみ])の意です。そして十本 の指全部を握った姿を昔幣(にぎて)と呼びました。握手(にぎて)の意です。また物事の道理一切を 掌握した形、即ち調和の姿でありますので、和幣(にぎて)とも書きました。紙に印刷した金のことを 紙幣と言います。金は世の中の物の価値の一切を掌握したものであるからであります。また昔、子供は お金の事を「握々(にぎにぎ)」と呼んだ時代がありました。

 御手繰のもう一つの操作の仕方を闇御津羽と言います。闇淤加美(くらみづは)とは反対に、握った十本の指を順に一本ずつ「十、九、八、七......」と順に起して行く操作です。指十本を闇淤加美として 掌握した物事の道理を、今度は指を一本々々順に起して行き、現実世界に適用・活用して、第一 条......、第二条......と規律として、また法律として社会の掟 (おきて)を制定する事であります。掟と は起手の意味です。闇御津羽とは言霊を指を一本々々起して行く様に繰って(闇)鳥の尾羽が広がるよ うに(羽)、その把握した道理の自覚の力(御津・御稜威[みいず])を活用・発展させて行く事の意 であります。

 伊耶那岐の命は人間の精神構造を表わす埴土(はに)に刻んだ五十音言霊図を十拳剣で分析・検討す ることによって、主体内自覚としての理想の精神構造である建御雷の男の神を得ました。その構造原理 を更に数霊を以て操作して、その誤りない活用法、闇淤加美、闇御津羽の方法を発見しました。五十音 言霊による人間精神構造と数霊によるその原理の活用法を完成し、人間の精神宇宙内の一切の事物の構造とその動きを掌握し、更にその活用法を自覚することが出来たのであります。言霊と数霊による現象 の道理の把握に優る物事の掌握の方法はありません。伊耶那岐の命の心中に於ける物事の一切の道理の主体的自覚は此処に於て完成した事となります。

 奈良県天理市の石上(いそのかみ)神宮に伝わる言葉に「一二三四五六七八九十(ひふみよいむなや こと)と唱えて、これに玉を結べ」とあります。玉とは言霊のこと。言霊を数霊を以て活用すること が、この世の一切の現象の把握の最良の理法であることを教えております。

大島またの名は大多麻流別(おおたまるわけ)

 以上、石柝の神、根柝の神、石筒の男の神、甕速日の神、桶速日の神、建御雷の男の神、闇淤加美の 神、闇御津羽の神の八神の宇宙に占める区分を大島と呼びます。大いなる価値のある区分と言った意味 です。人間の心を示す五十音言霊図を分析・検討して、終に自己主観内に於てではありますが、建御雷 の男の神という理想構造に到達することが出来、その理想構造を活用する方法である闇淤加美・闇御津 羽という真実の把握とその応用発揚の手順をも発見・自覚することが出来ました。言霊学上の大いなる 価値を手にした区分と言えましょう。またの名は大いなる(大)言霊(多麻[たま])の力を発揚する (流[る])区分(別[わけ])という事になります。

古事記の文章を先に進めることにしましょう。

 

 殺さえたまひし迦具土の神の頭に成りませる神の名は、正鹿山津見(まさかやまつみ)の神。次に胸 に成りませる神の名は、淤縢(おど)山津見の神。次に腹に成りませる神の名は、奥(おく)山津見の 神。次に陰に成りませる神の名は、闇(くら)山津見の神。次に左の手に成りませる神の名は、志芸 (しぎ)山津見の神。次に右の手に成りませる神の名は、羽(は)山津見の神。次に左の足に成りませ る神の名は、原(はら)山津見の神。次に右の足に成りませる神の名は、戸山津見の神。かれ斬りたま へる刀の名は、天の尾羽張(おはばり)といひ、またの名は伊都(いつ)の尾羽張といふ。

 先に伊耶那岐の命は五十音言霊によって構成された迦具土の神を十拳剣で分析・検討して、斬った主 体側の真理として建御雷の男の神という人間精神の理想構造を自覚いたしました。今度は十拳剣で斬ら れて殺された客体である迦具土の神からは何が生まれ出て来るのでしょうか。迦具土の神とは言霊五十 音を粘土板に彫り刻んだ神代表音文字の事でありますから、斬られる客体である迦具土の神から表われ るのは神代表音文字の原理・道理の事であります。言い換えますと、一つ一つの表音神代文字が言霊の 原理の中のどの部分を強調し、どの様な表現を目的として作られたか、の分析・検討であります。

 古事記の子音創生の所で説明されました大山津見の神は言霊ハ、即ち言葉の事でありました。大山津 見の山とは八間のことで、図形で表わされる八つの父韻の活動する図式であり、この父韻の活動によっ て言葉が現われて来ました。山津見とは八間の原理から(山)出て来て(津)形となって現われたもの (見)の意でありました。大山津見の神は言霊ハとして言葉を意味しますが、ここに登場する八つの山 津見の神は、言葉を更に文字に表わしたものの謂であります。その神代表音文字の作り方に古事記は代 表的なものとして八種の文字原理を挙げております。ここに登場します正鹿山津見、淤縢山津見、奥山 津見、闇山津見、志芸山津見、羽山津見、原山津見、戸山津見の八神がそれであります。

 竹内古文献等の古文書、または神社、仏閣に伝わる日本の古代文字を調べますと、六十種類以上の神 代表音文字が存在すると伝えられています。また奈良県天理市の石上神宮に伝わる十種 (とくさ)の神 宝(かむたから)の中の蛇の比札(ひれ)・百足(むかで)の比札・蜂の比札・種々物(くさぐさも の)の比札といわれるものは明らかに古代表音文字であります。比札とは霊顕(ひれ)とも書き、霊 (ひ)は言霊であり、顕(れ)は現われるで文字である事を示しています。ただこれ等数十種類の神代 文字が、古事記に示される八種の山津見の神の文字作成法の何(いず)れに属するものなのか、の研究 が進んでいません。言霊学研究の先輩である山腰明将氏、小笠原孝次氏と継承された古代文字に関する 見解を踏襲してお伝えいたしますが、今回は簡単な図表形式にして示しました。詳しくは「古事記と言霊」の中の「神代文字の原理」をお読み下さい。尚、石上神宮の十種の神宝の中の四種類の比札(文 字)は同書171頁を参照下さい。

Photo

 女島(ひめしま)又の名は天一根(あめひとつね) 

 以上の八つの神代表音文字の構成原理が人間の心の宇宙の中に占める区分を女島(ひめしま)と言います。女島の女(ひめ)は女(おんな)と呼び、即ち音名であり、それは文字の事となります。また文字には言葉が秘められています。即ち女(ひめ)島であります。またの名、天一根(あめひとつね)とは、神代文字はすべて火の迦具土の神という言霊ンから現われ出たものでありますので言霊(天)の一 つの音でそう呼ばれます。

 かれ斬りたまへる刀(たち)の名は天の尾羽張(おはばり)といひ、またの名は伊都(いつ)の尾羽 張といふ。 

 迦具土の神の頚(くび)を十拳剣で斬り、斬る主体である伊耶那岐の命の側に建御雷の男の神という 人間精神理想の構造原理が自覚され、また斬られた客体側に神代表音文字の八種の構成原理が発見され ました。尾羽張(おはばり)とは鳥の尾羽が末広がりになる姿で、この十拳剣を活用すれば人間社会の 文明は彌栄(いやさか)に発展する事が可能となります。その為にこの十拳剣の判断力(分析・総合) に天の尾羽張り、またの名伊都の尾羽張の名が付けられのであります。天(あめ)とは先天または天与の意であり、伊都(いつ)とは御稜威(みいず)の意であります。御稜威とは力または権威という事で す。

 この尾羽張の剣の判断力の活用は古来全世界の神話・宗教書に書かれました。ギリシア神話にオリオン星座(Orion, Oharion)が取上げられています。この星座の十字形が時間と空間を縦横に斬る十拳剣の 分析と総合の人間天与の判断力の活用の象徴として説かれています。また旧約聖書のヨブ記に同様の記 述があります。「ヱホバ大風の中よりヨブに答えて宣(のた)まはく、......なんじ昴宿[ぼうしゅく] (スバル星)の鏈索(くさり)を結び得るや。参宿[さんじゅく](オリオン)の繋縄(つなぎ)を解 き得るや。なんじ十二宮をその時にしたがひて引いだし得るや。また北斗とその子星を導き得るや。 ......」私は初めてこの聖書の文章に出合った時、宗教で謂う救世主(ヨブはイエス・キリスト以前のキリストと呼ばれます)は記述の如き超能力の持主なのか、と思ったものでした。言霊布斗麻邇の学に出 合うに及び、この様な神話や宗教書の中の文章がすべて太古に世界に流布されていた言霊学の心と言葉 の原理に基づく記述であることを知り、神と人間との関係という問題を解決する事が出来のであります。

「言霊の整理、活用の検討」の章、終わり。

 連日、思っていたよりずっと多くのアクセスを頂き、ありがとうございました。文章その他の引用につきましては、言霊の会さんに快諾していただいでおりますが、少しでも広がっていけばよいと思います。私たちが普段使っている日本語にこのような秘密があること、また、古代から伝わる叡智に驚かれたことでしょう。

 web上の記事の整理には、慣れていないので、時間がかかると思いますが、コツコツやっていきます。

 

ひので

« 言霊の整理、活用の検討01 | トップページ | Core 2 DuoのMac Mini にWindow8.1をインストール »

言霊百神」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言霊の整理、活用の検討02:

« 言霊の整理、活用の検討01 | トップページ | Core 2 DuoのMac Mini にWindow8.1をインストール »